ハース代表、Bチーム化論争に「我々が最下位なら批判しないんだろう?」

シェア
コメント
ハース代表、Bチーム化論争に「我々が最下位なら批判しないんだろう?」
執筆:
2019/04/09 8:01

ハースのギュンター・シュタイナー代表は、チームが最下位に沈んでいれば、ライバルが批判することはないだろうと話した。

 ハースのチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、ハースがフェラーリのBチームと化しているとライバルから批判されていることについて、ハースの成績が良くなければ文句は出なかったはずだと語った。

 F1に2016年に新規参入したハースは、フェラーリと技術提携。チーム自らが製造する必要がある”リステッド・パーツ”以外をフェラーリから購入している。

 その成果か、ハースはF1プロジェクト開始からわずか3年となる昨シーズン、中堅チームのひとつとしての地位を確立。そして今シーズンも、中団争いのトップを争っている。

 ただ、こうした”カスタマーチーム”モデルは、ルノーやマクラーレン、ウイリアムズなどから批判されてきた。これに対し、シュタイナーはチームとそのコンセプトを積極的に擁護してきた。

 第3戦中国GPを週末に控え、シュタイナーはライバルたちが、ハースはグリッド後方に沈むことを”期待”していたのだろうと語った。

「我々が最後方にいたら、誰も気にしないだろう」

「そうなったら、みんながハッピーになるだろう。それをみんなが期待していた。我々がF1に参入してきた時に、彼らはそうなるだろうと思っていたんだ」

「年月が経つごとに、その存在がより重要になっていく。それが、我々チームの分類と密接に関係している。しばらくすれば、それに慣れて、気にならなくなるだろう」

 参戦1年目、2年目とコンストラクターズランキング8位だったハースは、昨シーズン大幅にパフォーマンス向上を果たし、ランキング5位に浮上。これに対し主にルノーが、ハースとフェラーリとの密接な関係を批判。トラック外で、ハースとルノーは舌戦を繰り広げた。

 ハースのマシンがフェラーリの”コピー”だという批判に対して「一部の人々が、何を言っているのか、私には本当に分からない」と、シュタイナーは話した。

「彼らはそれがどういう意味を持っているのか分かっていないと思う。普通、人々はなぜ我々がこれほど良い仕事ができているのか理解できない。彼らは、我々がフェラーリをコピーしているだけだと言っている」

「何ができて、何ができないかが明確に書かれたルールがある。彼らが我々に良くない意見を持っていても、気にしない」

 ハースのロマン・グロージャンは、ハースがF1に参戦して以来チームに所属している。彼は、ハースがその短いF1キャリアで改善を重ねてきたことは、もっと賞賛されるべきだと語った。

「チームは本当に上手くやっている」

「僕たちがスタートした初日のことを覚えている。僕たちはそこからスピードを上げてきていると思う」

「チームは年々成長しており、非常に強力なチームとしての地位を確立してきた。今年も、非常に強力なマシンがある。戦う準備ができているんだ。僕たちは速いから、人々が僕たちに期待してくれているんだ」

次の記事
記念すべき1000レース目を迎えるF1……その“節目”を制したドライバーたち

前の記事

記念すべき1000レース目を迎えるF1……その“節目”を制したドライバーたち

次の記事

ホンダ田辺TD、中国GPに向け意気込み「パッケージのパフォーマンスを向上させなければ」

ホンダ田辺TD、中国GPに向け意気込み「パッケージのパフォーマンスを向上させなければ」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム ハースF1チーム
執筆者 Scott Mitchell
まずは最新ニュースを読む