「“ハースモデル”はF1存続に必要」……リバティ・メディアのロス・ブラウンも評価

シェア
コメント
「“ハースモデル”はF1存続に必要」……リバティ・メディアのロス・ブラウンも評価
執筆:
2019/04/07 4:04

ハース代表のギュンター・シュタイナーはリバティ・メディアがカスタマーチームを確実に存続させたいという要望を歓迎している。

 2021年に向けたF1のレギュレーション策定が進行している。その中でいくつかのチームは、ハースF1のようなマニュファクチャラーからパーツを購入しているチームに対して、より自製しなければならないパーツを増やすよう求めている。

 F1の2021年以降のレギュレーション改定の一部では、一部のチームが、ハースのようなチームがフェラーリからパーツを購入できないようにするために、“リステッドパーツ”の増加を要望していた。

 そうした中で、サスペンションをリステッドパーツに載せるという目論見は頓挫したようだが、2020年からは空力に影響を及ぼすブレーキダクトは、独自に製造することがチームにとっての必須事項となる。

 この槍玉に挙げられているハースの代表であるギュンター・シュタイナーは、リバティ・メディアのF1スポーティング部門のトップ、ロス・ブラウンがインタビューの中で“小規模チームが成功できるチャンスは必要不可欠だ”と語った事に励まされたという。

 ロス・ブラウンはSkyに対し、F1の将来についてこう話している。

「“ハースのようなモデル”は関心を引くものだし、とても成功を収めている」

「小さなチームが参入し、満足な結果を得るために、我々はそういった形を維持する必要がある」

「彼らが行えた事について、我々はいくつか整理する必要がある。だが、彼らには全幅の信頼を置いているし、彼らが行っている事には何も不当なことは無い。そして、それは素晴らしいことだ」

 シュタイナーはリバティ・メディアによる支持は重要だと語っている。しかし彼は、リバティ・メディアはハースのことだけを考えているのではなく、F1のより長期的な可能性について考えていると見ているようだ。

「リバティは我々の面倒を見ているわけではない」

「……言い換えよう。『彼らは“F1”の面倒』を見ているんだ。そして、それは我々や他のチームよりももっと大局的なモノだ」

 シュタイナーはそう語る。

「我々は全員、明らかに自己中心的だ。そしてレフェリーも必要だ。リバティは、同等のレベルで戦えるだけの十分なチームがあるという”ビジネス”について世話をする必要がある」

「3チームが頭一つ抜けていて、それから2〜3のチームがそれに続いている。そしてまた別のチームがその後ろにいる。それで一体何が楽しいと言うんだ? そんなチームがどのくらい(F1に)いられると言うんだ?」

「我々はギャップを縮める必要がある。そして“ハースモデル”はそのための方法のひとつだ。人々が好むと好まざるとにかかわらず、彼らは良い仕事だけをする必要がある。それで我々は大丈夫だよ」

次の記事
今年のF1は接近しやすい! 空力規則変更による効果をライコネンが語る

前の記事

今年のF1は接近しやすい! 空力規則変更による効果をライコネンが語る

次の記事

”世界最高”目指し……挑戦続けるアロンソ「自分より速いヤツが現れたら辞める」

”世界最高”目指し……挑戦続けるアロンソ「自分より速いヤツが現れたら辞める」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム ハースF1チーム
執筆者 Jonathan Noble
まずは最新ニュースを読む