F1
27 6月
-
30 6月
イベント 進行中 . . .
11 7月
-
14 7月
イベント 進行中 . . .
25 7月
-
28 7月
イベント 進行中 . . .
01 8月
-
04 8月
イベント 進行中 . . .
R
第13戦ベルギーGP
29 8月
-
01 9月
次のセッションまで……
3 days
R
第14戦イタリアGP
05 9月
-
08 9月
次のセッションまで……
10 days
R
第15戦シンガポールGP
19 9月
-
22 9月
次のセッションまで……
24 days
R
第16戦ロシアGP
26 9月
-
29 9月
次のセッションまで……
31 days
R
第17戦日本GP
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
R
第18戦メキシコGP
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
59 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
66 days
R
第20戦ブラジルGP
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
80 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
94 days

ハース代表、際どいブロック見せたマグヌッセンを擁護「あれはただのバトル」

シェア
コメント
ハース代表、際どいブロック見せたマグヌッセンを擁護「あれはただのバトル」
執筆:
2019/08/08 3:02

ハースのチーム代表であるギュンター・シュタイナーは、ハンガリーGPでケビン・マグヌッセンがとったディフェンスラインは問題ないと考えている。

 ケビン・マグヌッセン(ハース)は第12戦ハンガリーGPで、ダニエル・リカルド(ルノー)とのバトルを制して13位フィニッシュとなった。しかしリカルドは、マグヌッセンがブレーキングの際に複数回動いたとして、無線で不満を訴えていた。

Read Also:

 レースコントロールはハースに対し、マグヌッセンが今後このような行為を繰り返すことがないよう警告を出し、ドライバーにも短い文書を送った。

 “被害者”であるリカルドは、マグヌッセンの行為は警告以上のものに値すると考えているが、一方でハースのチーム代表であるギュンター・シュタイナーは、それほど重大だと考えていないようで、次のように語った。

「レースコントロールは彼(マグヌッセン)に、ブレーキング中に動くことを止めるよう通達してきた。それだけのことだ」

「毎回その動きをして(ペナルティ等の制裁を)逃れ続けているドライバーだっているんだ。それが答えだ」

「私は(リカルドとマグヌッセンの)13番手争いは良いバトルだったと思っている。そうでなければTV中継はつまらないものになっていただろう」

 ハースはマグヌッセンに、レースコントロールから警告を受けたことを知らせたようだ。ただ、今後大きなトラブルに発展する可能性があるにも関わらず、チームは彼に何の指示もアドバイスもしていないという。

 シュタイナーはこう続けた。

「我々はペナルティを受けるリスクを負うことにした。そもそも我々はレースをしにここ(サーキット)にきているのだから、今回のインシデントは危険でも何でもないと思っている」

「あれはバトルに他ならず、良いショーだった。彼らは良い戦いをしたと思っている」

「確かにリカルドは不満だろうが、ケビンが何かしたとは思わない。それは大げさではない。彼はポジションを守ろうとしていて、みんなはそのバトルを楽しんでいたと思う」

 F1のレースディレクターであるマイケル・マシ曰く、マグヌッセンの動きには疑問符のつくものがいくつもあったという。また、FIAが警告を出すことによって、ブレーキング時に動いてはいけないという取り決めをドライバーたちがなかったことにしようとしている風潮に釘を刺したと語った。

「それは一回限りではなく、繰り返し行われたものだ」

「自分のラインを守るために一度だけ動くことは認められている。ただ、ブレーキング時の動きに関しては、バーレーンでミーティングした際にドライバーたちが取り締まって欲しいと言っていたんだ」

Read Also:

次の記事
今季メルセデスとタイトルを争うのは「現実的じゃない」レッドブル代表語る

前の記事

今季メルセデスとタイトルを争うのは「現実的じゃない」レッドブル代表語る

次の記事

”今季中の挽回”だけが目標じゃない! 来季も見据え、逆襲を狙うフェラーリ

”今季中の挽回”だけが目標じゃない! 来季も見据え、逆襲を狙うフェラーリ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ケビン マグヌッセン
チーム ハースF1チーム
執筆者 Jonathan Noble