F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
52 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
59 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
73 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
87 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
101 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
108 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
122 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
136 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
143 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
157 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
164 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
178 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
192 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
220 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
227 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
241 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
248 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
262 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
276 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
283 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
297 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
311 days

ハース代表、スチュワードの裁定基準に不満「ルールブックをちゃんと読むべき」

シェア
コメント
ハース代表、スチュワードの裁定基準に不満「ルールブックをちゃんと読むべき」
執筆:
2019/05/30 6:05

ハース代表のギュンター・シュタイナーは、スチュワードの裁定基準に対して不満を募らせている。

 ハースのギュンター・シュタイナー代表は、F1スチュワードの裁定基準に不満を持っており、一部スチュワードにふさわしくない人物がいるとまで語った。

 モナコGPの予選Q2では、ロマン・グロージャン(ハース)のアタックを妨害してしまったピエール・ガスリー(レッドブル)に3グリッド降格ペナルティが出された他、ライセンスに対してペナルティポイントが2点加算された。

 どうやらこの裁定の内容に、シュタイナーは苛立っているようだ。

 グロージャンは、同じ3グリッド降格ペナルティ(ペナルティポイントは1点)をバーレーンGPで科されている。予選Q1でランド・ノリス(マクラーレン)のアタックを妨害したためだ。しかしノリスはQ1を突破しQ3に進出したため、アタックの妨害はノリスの予選結果に大きな影響を与えなかった。

 一方で今回のモナコでは、グロージャンの予選Q3進出をかけたアタックが台無しになってしまい予選13番手に終わっため、シュタイナーはペナルティの内容がほぼ同じだということを不満に思っている。

 motorsport.comが、シュタイナーに問題提起するつもりがあるかどうか尋ねると、彼はこう答えた。

「問題を提起しても誰も何も対処しないので、その意味がない。何ができるんだ? 何回言わなければいけないんだ? まるで壊れたレコードだよ」

「スチュワードの中には、それにふさわしくない人物もいる。私はもう、人々に手紙を書くのにこれ以上の時間を費やすつもりはない」

 シュタイナーに、ペナルティを出す上でもっと状況を考慮するべきだと望んでいるかと訊かれると、シュタイナーは「一部のスチュワードはルールブックを読むべきだ」と語った。

「彼らは、ロマンに(バーレーンで)ペナルティポイントを与えるべきではなかった。確かに彼は間違ったタイミングで間違った場所にいた。しかし、スチュワードはペナルティポイントを与える必要があると感じたんだ」

 バーレーンのスチュワードは、ゲイリー・コネリーやエマニュエル・ピロ、ジョゼ・アベッド、マゼン・アル・ヒリリの4名。

 モナコGPのスチュワードは、ティム・メイヤーとミカ・サロ、エリック・バラビーノ、そしてアベッドといったメンバーだった。

 シュタイナーは、今回のモナコGP予選で起きたインシデントの状況を考慮すれば、バーレーンのグロージャンと同じペナルティを科すのはおかしいと話した。

 バーレーンでは、グロージャンがアタックを始めようとしたタイミングでフェラーリのセバスチャン・ベッテルに追い越されたため、十分なギャップを確保するために減速。それがノリスのアタック妨害につながったとスチュワードは認めた一方で、ノリスとのスピード差が136km/hあったことに言及した。

 シュタイナーは、ガスリーのペナルティをバーレーンでの一件と比較し「ガスリーはトラックの高速区間で、特に理由もないのにコースの真ん中にいた。彼がチームから何も言われていなかったからだ」と述べた。

 グロージャンはガスリーを避けるため、ブレーキをかける必要はなかったものの、シュタイナーは”非常に危険であり、大きなインシデント”だったと考えている。

「どちらのケースが間違っていたのか分からないが、彼らは決断をする必要がある」

「私の考えでは、これらのインシデントで同じ判決が出ることはない。状況が全く異なるので、結果も変わるはずなんだ」

次の記事
ハミルトン、最高のスタートダッシュも「自身のパフォーマンスは”平均的”」

前の記事

ハミルトン、最高のスタートダッシュも「自身のパフォーマンスは”平均的”」

次の記事

【訃報】ホンダF1ビジネスアドバイザー&鈴鹿F1代理人の海野勝氏逝去

【訃報】ホンダF1ビジネスアドバイザー&鈴鹿F1代理人の海野勝氏逝去
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム ハースF1チーム
執筆者 Scott Mitchell