F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
51 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
65 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
79 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
93 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
100 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
114 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
128 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
135 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
149 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
156 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
170 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
184 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
212 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
219 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
233 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
240 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
254 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
268 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
275 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
289 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
303 days

もちろんランキング4位では満足できず……マクラーレン、さらなる前進のため組織改革

シェア
コメント
もちろんランキング4位では満足できず……マクラーレン、さらなる前進のため組織改革
執筆:
2020/01/04 2:44

マクラーレンは、2020年シーズンに向けて組織改革を完了。長年エンジニアリング部門のトップを担ってきたアンドレア・ステラが、レーシングディレクターに昇格したようだ。

 長く低迷していたマクラーレンは、2019年シーズンに復活の兆しを見せた。表彰台は、ブラジルGPでのカルロス・サインツJr.の3位1回のみであるが、コンストラクターズランキングは4位。メルセデス、フェラーリ、レッドブルの次につけた。

 ただマクラーレンは、ランキング4位で満足しているわけではない。さらに上位との差を詰めるべく、チーム代表のアンドレアス・ザイドルは、組織改革に取り組んでいるようだ。

 ザイドルが取り組んだ組織改革。それは、明確な責任と役割が定められた、理解しやすい管理構造を整えることだ。その一環としてザイドルは、アンドレア・ステラをパフォーマンスディレクターからレーシングディレクターに昇格させた。この役割は、これまでザイドルが一時的に担っていたポジションでもある。

 この役職変更の結果、ステラはグランプリの現場でのオペレーション業務を担うが、これまで同様エンジニアリング部門トップとしての責任も引き続き担当するという。これによりステラは、テクニカルディレクターであるジェームス・キーと連携し、コース上でのパフォーマンスと技術開発の間の関係性を確認することになる。

 またチームマネージャーはポール・ジェームスが、プロダクションディレクターはピアーズ・ティンが、それぞれ引き続き務める。

 今回の変更は、ファクトリーでの開発とレースの現場両方での、意思決定プロセスを効率化することが目的のようだ。そしてザイドルは、主要部門からの報告を円滑に求めたいと考えているようだ。

 シーズン終盤、明確な管理体制を整えることがマクラーレンには必要だと、ザイドルは語っていた。

「この役職に就いてすぐ、私は3つの大きな部門に、モータースポーツの組織で伝統的な構造を置いた」

 そうザイドルはmotorsport.comに対して語った。

「技術開発の部門は、ジェームス・キーのリーダーシップの下で組織された。そしてピアーズ・ティンが生産部門のリーダーシップを取った。これは内部のプロモーションだったがね。そしてレースの現場では、パフォーマンスディレクターとしてアンドレア・ステアが仕切り、ポール・ジェームスがチームマネージャーを務めた」

「私にとっては、これらのキャラクターを、最初から”まっすぐ”にすることが重要だったのだ。責任が明確で、確実な報告を行なえるような構造……そしてチーム全体が理解しやすい組織を求めていたのだ」

「今、新しいレギュレーションがどうなるかが分かった。だからチームとして最大のモノを引き出すために、将来的に形を整える必要があるのか、それを部門ごとに分析するプロセスの途中にいるのだ」

Read Also:

次の記事
「フェルスタッペンと組むのはポジティブ」F1で2年目アルボン、躍進なるか?

前の記事

「フェルスタッペンと組むのはポジティブ」F1で2年目アルボン、躍進なるか?

次の記事

不振のハース、2018年の活躍が足枷に?「自信過剰になっていた」とチーム代表

不振のハース、2018年の活躍が足枷に?「自信過剰になっていた」とチーム代表
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム マクラーレン 発売中
執筆者 Jonathan Noble