F1 オーストリアGP

マクラーレン代表、フェルスタッペン&ノリス接触の原因は“3年前”にあると指摘「マックスを厳しく罰して来なかったから」

マクラーレンのアンドレア・ステラ代表は、マックス・フェルスタッペンがオーストリアGPで採った戦術は、3年前にルイス・ハミルトンと戦っていた際に適切に罰せられなかったことが影響していると語った。

Max Verstappen, Red Bull Racing RB20, Lando Norris, McLaren MCL38, battle for the lead

Max Verstappen, Red Bull Racing RB20, Lando Norris, McLaren MCL38, battle for the lead

写真:: Andy Hone / Motorsport Images

 優勝争いを繰り広げていたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)とランド・ノリス(マクラーレン)が接触するという劇的な決着となったF1オーストリアGP。マクラーレンのアンドレア・ステラ代表は、フェルスタッペンの動きが数年前から罰せられてこなかったことが今回のアクシデントに繋がったと述べた。

 アクシデントが起きたのは、急な上り坂にある右コーナーのターン3。ここは舞台となったレッドブルリンクで最もハードブレーキングするコーナーであり、追い抜きのチャンスがある。レース終盤にノリスは、ターン4のブレーキングで何度もフェルスタッペンのインに飛び込み、チャンスをうかがった。

 ノリスとマクラーレンは、その一連のバトルの中でフェルスタッペンがブレーキング中に動いたと感じているが、フェルスタッペン本人はそれを否定している。ステラ代表は、こういったフェルスタッペンの動きは、メルセデスのルイス・ハミルトンと激しいタイトル争いを演じていた2021年から変わっていないとして、『Sky Sports F1』に次のように語った。

「世界中の人々が、誰に責任があるのか知ることになると思っている。ある“特定の人たち”を除いてね」

「何より問題なのは、これらのことに実直に対処しなければ、彼らはまた(改心せずに)戻ってくるということだ」

「今日このようなことが再発したのは、過去に(フェルスタッペンが)ルイスと戦っていた時、厳しく罰する必要があるケースにきちんと対処してこなかったからだ」

「正々堂々としたレースとは何かについて、学ぶ機会になっただろう」

 ステラが言及した2021年のタイトル争いは、非常に激しいものであった。その中でフェルスタッペンとハミルトンは幾度となく接触……イモラ、シルバーストン、モンツァ、ジェッダがその例だ。

 またサンパウロGPでも、あわや接触という場面があった。ターン4で2台が並んだ際、フェルスタッペンがハミルトンをコース外に押し出す形になったのだ。この件は罰せられることはなく、その後フェルスタッペンを攻略したハミルトンが勝利を収めている。

 そういった特定のエピソードを指しているのかと尋ねられたステラ代表は「ああ、色々なエピソードがあるね」と返答し、さらにこう続けた。

「我々はレッドブルを尊敬しているし、マックスも尊敬している。彼らはこんなことをする必要はない」

「このようなことをすれば評判を損ないかねない。なぜそんなことをするのか?」

 またステラ代表は、今回の一件がスチュワードによってフェルスタッペンに全面的な非があると認められたことを引き合いに出して次のように述べた。

「レギュレーションは効果的な方法で施行されなければならない。というのも、このアクシデントの結果としてマシンがレースから脱落した場合、それによって与えられる罰はその結果に見合ったものでなければならない」

「このエピソード(接触)の前にも2度、ブレーキングで動いていた。我々はレースの仕方を考えないといけない。レースを楽しみたいからね」

 また接触がなかった場合、どちらがレースを制していたかについてステラは、たとえノリスが一度トップに立てたとしても、DRSの効率が良いレッドブルの追撃から逃れることはできず、最終的にフェルスタッペンが勝利を収めていた可能性が高いと述べた。

「たとえランドがマックスをパスしていたとしても、DRSの効果が非常に大きいマックスならランドを再び攻撃できる位置にいたかもしれない」とステラは説明する。

「つまり、我々はレース終盤のエキサイティングな展開を見そびれたということだ。ランドがぶっちぎれたとも思えないからね」

「チェッカーフラッグの時まで戦っていたはずだ。(その結果どうなっていたか)誰も知るよしもないというのは残念なことだ」

 

前の記事 小松礼雄代表率いるハースF1、レッドブルのペレスを抑えるなど大量12ポイント獲得「抑え込める自信はなかったけど、戦う価値はあった」
次の記事 セルジオ・ペレス、オーストリアGP苦戦の要因のひとつは、1周目に負ったダメージ「マシンがどうにもならなかった」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本