ストロール、2020年は”最高のシーズン”。だけど「たくさんのチャンスも逃した」

アストンマーチンF1のランス・ストロールは、2020年シーズンがこれまでのキャリアで最も成功した1年だったとしながらも、多くのチャンスを逃したと考えている。

ストロール、2020年は”最高のシーズン”。だけど「たくさんのチャンスも逃した」

 2020年はレーシングポイントのドライバーとしてF1を戦い、チームの名称がアストンマーチンと変更される2021年も引き続き同チームに在籍するランス・ストロール。彼は昨シーズン、トルコGPでポールポジション、イタリアGPとサクヒールGPで3位表彰台を獲得するなど、自身のF1キャリアでもっとも成功した1年を過ごした。

Read Also:

 しかしながらストロールは、運が悪かったり、新型コロナウイルスに感染することがなければ、もっと良い成績を残すことも可能だったと考えている。事実ストロールは、新型コロナウイルスによるものと見られる体調不良により、アイフェルGPを欠場した。

「いくつか良いリザルトも手にすることができた。4位、表彰台、ポールポジションだからね。これは、2020年シーズンのハイライトのひとつだった。良い1年だったよ」

 ストロールはそう語った。

「しかしそれと同時に、僕らが手にしていたマシンでの”チャンス”を逃した年でもあったように思う。僕らは、とても競争力のあるマシンを持っていたんだ」

 たしかにストロールの前半戦は非常に印象的だった。一時はルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスのメルセデス勢、レッドブルのマックス・フェルスタッペンに次ぐランキング4番手につけていた時もあった。

 しかしイタリアGPで表彰台を獲得した後、リタイア、アクシデント、欠場……などにより5レース連続で無得点となってしまった。

「シーズン前半、僕はランキング4番手になっていた時期もあった。他のドライバーとはかなりの差があったんだ」

 そうストロールは説明する。

「ムジェロでのパンクがあった。そこではポイントを取りこぼすことになった。僕の中では、たくさんのレースで少し苛立たしさを感じていたんだ。浮き沈みがあったけど、モンツァでの表彰台から少し下り坂になってしまったんだ」

「それらのレースでは、多くのチャンスもあった。ムジェロでは表彰台を目指していたのに、パンクに見舞われてしまった。ニュルブルクリンクは、新型コロナウイルスに感染したことでレースに参加することができなかった。他にも不運なレースがあった。リタイアしたことで、ポイントを獲得できなかったんだ」

「だからシーズン全体を考えれば、チャンスを逃したのは確かだ。でも全体としてとても楽しい年だった。良い1年だったと思うよ。シーズンのほとんどで、競争力のあるマシンで戦うだけでよかったからね。最高だったよ」

Read Also:

シェア
コメント
浪人から初表彰台に至る……オコン、2020年の進歩でマシンの“真髄”に触れた?

前の記事

浪人から初表彰台に至る……オコン、2020年の進歩でマシンの“真髄”に触れた?

次の記事

ロバート・デ・ニーロ&ジョン・ボイエガ、Netflix新作のF1題材映画で共演

ロバート・デ・ニーロ&ジョン・ボイエガ、Netflix新作のF1題材映画で共演
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ランス ストロール
チーム アストンマーチン・レーシング
執筆者 Jonathan Noble