F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
09 7月
-
12 7月
イベント 進行中 . . .
R
ハンガリーGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
5 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
20 days
R
F1 70周年記念GP
06 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
26 days
R
スペインGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
33 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
47 days
R
イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
54 days
R
シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
Canceled
R
ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
75 days
08 10月
-
11 10月
Canceled
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
103 days
R
メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
110 days
R
ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
124 days
R
アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
138 days

フォースインディア、ストロール獲得を発表。チーム名は”レーシングポイント”に

シェア
コメント
フォースインディア、ストロール獲得を発表。チーム名は”レーシングポイント”に
執筆:
2018/12/01 5:35

レーシングポイント・フォースインディアは、ランス・ストロールの獲得を発表。発表されたエントリーリストによれば、チーム名はレーシングポイントF1チームになるようだ。

 レーシングポイント・フォースインディアは、ランス・ストロールとの2019年のドライバー契約締結を発表。これで全10チーム、20シートが全て決まった。ストロールはセルジオ・ペレスとのコンビで、2019年シーズンを戦うことになる。

 フォースインディアは今シーズンの夏休みに、財政難により管財人の管理下に入った。それを救済したのが、ランス・ストロールの父親であるローレンス・ストロールであり、その後フォースインディアは、レーシングポイント・フォースインディアとして再スタートを切った。そのため、ストロールのチーム加入は、時間の問題と考えられていた。

 チームは、今年のドライバーであるエステバン・オコンの去就が決まるまで、その発表を待っていたようだ。ただ、アブダビGPの前にオコンがメルセデスのリザーブドライバーに決定したことが発表された後も、ストロールの動向が発表されることはなかった。

 しかしアブダビGP後のテストでフォースインディアのマシンを走らせた後、ヨーロッパ時間の金曜日午後、ストロールのフォースインディア加入が正式に発表された。

「来年、ランスがセルジオと共にレースすることをついに発表することができ、喜んでいる」

 チーム代表のオットマー・サフナウアーはそうコメントを寄せた。

「若さと、才能と、経験が完璧に融合した、興奮するようなラインアップを我々にもたらしてくれる」

「ランスはまだ20歳だ。にもかかわらず、既に2年もF1で走っており、表彰台とフロントロウからのスタートも経験している」

 ストロールもフォースインディア加入に際し、次のようにコメントを寄せた。

「僕のF1キャリアにおける、信じられないほどエキサイティングな旅の始まりた」

 そうストロールは語った。

「素晴らしい文化を持つ、成功も経験してきたチームと共に働くことを楽しみにしている。これは僕にとって新しい挑戦だし、このチャンスを手にすることに興奮している」

 サフナウアー代表は、ストロールの若い才能が成長するのを、チームが手助けできると考えている。

「我々のチームは、若くて才能のあるドライバーを育成していくことについて、大きな成功を収めてきた。我々はランスと共に旅を始めるのを楽しみにしている」

「そして、この2シーズンにわたってチームに貢献してくれたエステバン・オコンに感謝したいと思う。彼の将来がうまくいくことを願っている」

 なお金曜日に発表された2019年の暫定エントリーリストによれば、チーム名は変更され、レーシングポイントF1チームとして再スタートを切ることになるようだ。

 
次の記事
一時はレースを諦めかけた……トロロッソ・ホンダのアルボン、”復活”F1デビューへ

前の記事

一時はレースを諦めかけた……トロロッソ・ホンダのアルボン、”復活”F1デビューへ

次の記事

シーズン後半、失速のベッテル「強いグループになるのは僕らの責任」

シーズン後半、失速のベッテル「強いグループになるのは僕らの責任」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ランス ストロール 発売中
チーム フォースインディア
執筆者 Scott Mitchell