F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
25 9月
イベントは終了しました
09 10月
次のセッションまで……
9 days
23 10月
次のセッションまで……
23 days
31 10月
次のセッションまで……
31 days

今季ランク2位は無理……フェルスタッペン、ボッタス抑え込みには懐疑的

シェア
コメント
今季ランク2位は無理……フェルスタッペン、ボッタス抑え込みには懐疑的
執筆:
, Grand prix editor

レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、今季のドライバーズランキング争いでバルテリ・ボッタスを倒して2位を確保することに疑いを持っていると語った。

 2020年のF1はこれまでに7戦を消化したが、ドライバーズランキングは5勝を挙げたメルセデスのルイス・ハミルトンが大幅なリードを築いて首位に立っている。

 第8戦イタリアGPの予選でもメルセデスは強さを発揮し、ハミルトンがポールポジションを獲得。王座へ向かってひた走っている状況だ。

Read Also:

 一方、ランキング2番手のマックス・フェルスタッペン(レッドブル)は予選で5番手と振るわない結果に終わったが、彼はバルテリ・ボッタス(メルセデス)との戦いでランキング2番手を守り抜けるかどうかを、疑問に思っているようだ。

 現在フェルスタッペンとボッタスのポイント差はわずか3。イタリアGPではそのボッタスが2番手につけていることから、逆転される可能性は高い。

 フェルスタッペンに今シーズンのターゲットを尋ねると、彼は「とにかく、チャンピオンシップを3位で終えることだろう」と答えた。

「2位につけていることが、既に驚きなんだ」

「僕らはとても一貫性があるし、思うに何度かは期待以上だった。それに間違いなくあの(F1 70周年記念GPの)勝利には助けられている」

「僕としては、チャンピオンシップを争っていると感じたことは決してない。毎週末7ポイントを失っているんだ。序盤の20〜30ポイントのような差のときは、争っているように見えてしまうものなんだ」

「だけど今、ポイント差は47だ。そして明日になれば、より差は開くだろう。多分50ポイント差になるだろうね」

「僕はその争いに参加するつもりだとは言っていない。ただ毎回可能な限りベストな結果を得ようとしているだけだ」

「僕は常に『可能な限りベストな仕事をしたか?』と自分を見つめている。それこそ僕がレースウィークごとに達成しようとしていることだ」

 前述のとおりレッドブルはモンツァ・サーキットでの走りに苦戦している。ただフェルスタッペンは低ダウンフォースのコースではレッドブルがより厳しい状況になると予想していたため、予選5番手にもがっかりしすぎることは無かったという。

「レースウィークに入るときは、ベストを尽くそうとしている」

「もちろん誰もが望みを口にすることはできるけど、僕は幼い頃から現実的であることの必要性を常に学んできた。おそらくそれが時には落ち込んでるように聞こえるかもしれない。でも僕としてはそれがベストなやり方なんだ」

「予選ががっかりするものになっても終わりじゃない。最後にどこに居るかは正確にわかっているからね」

「僕は厳しい結果になることを予想していた。ここ(モンツァ)でメルセデスと戦えるとは期待していなかった。それから低ダウンフォースで僕らのクルマがどんなものかを確認するのは、興味深いものだった」

「今年全体の僕らの問題を強調するものだったと思う。つまり、もの凄く速いマシンではないということだ」

 

Read Also:

王者メルセデス、エンジンモード規制への”事前準備”も万端「ずっと前から準備してきた」

前の記事

王者メルセデス、エンジンモード規制への”事前準備”も万端「ずっと前から準備してきた」

次の記事

レーシングポイント、“ブレーキダクト問題”の控訴取り下げ「規則の曖昧さが解消された」

レーシングポイント、“ブレーキダクト問題”の控訴取り下げ「規則の曖昧さが解消された」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント イタリアGP
ドライバー マックス フェルスタッペン , バルテリ ボッタス
チーム メルセデス , レッドブル・ホンダ
執筆者 Luke Smith