ハイパーソフトは驚速。しかし劣化激しく、決勝戦略に影響か?

シェア
コメント
ハイパーソフトは驚速。しかし劣化激しく、決勝戦略に影響か?
Jonathan Noble
執筆: Jonathan Noble
2018/11/24 5:17

F1アブダビGPのフリー走行2回目では、ハイパーソフトタイヤとウルトラソフトタイヤの差が非常に大きかったため、トップ3チームとはいえハイパーソフトでQ2を突破するのは難しいだろうと、ピレリは考えている。

 メルセデス、フェラーリ、レッドブルの3チームは、今季圧倒的な速さを誇り、他の7チームを大きく引き離している。そのため、予選Q2を一段階硬いタイヤで突破し、決勝のスタートを有利に進めるという戦略を取ることができることが多かった。

 しかしピレリのマリオ・イゾラ曰く、アブダビGPではハイパーソフトタイヤとウルトラソフトタイヤとの間には非常に大きな差があるため、Q2をウルトラソフトタイヤで突破するのは不可能だろうと考えている、

「最大の驚きは、ハイパーソフトがすごく速いことだ」

 初日の走行を終えた後、イゾラはそう説明した。

「ラップタイムの差は、0.9〜1秒程度だと予想していた。これは昨年と同じようなものだ」

「しかし実際にはもう少し大きかった。その差は、1.3〜1.4秒の範囲内にあるようだ。つまり予選のQ2をウルトラソフトで通過しようとするのは、非常に難しいということを意味しているだろう」

「トップ6は非常に近いと言える。1.3秒は大きい。ウルトラソフトタイヤで予選に出るというリスクを、誰も冒さないと思う」

 しかしハースのロマン・グロージャンは、このピレリの意見に懐疑的な見方をしている。彼曰く、中団チームはQ3突破を目指すためにはハイパーソフトを使わざるを得ないとしつつも、トップ3チームはウルトラソフトタイヤを履き、それに近づくことができるはずだと考えている。

「今日見たことからすれば、ウルトラソフトタイヤはとても遅い」

 そうグロージャンは語った。

「だから、トップチームのマシンでない限り、ウルトラソフトを履いてQ3に進出することはできないだろう」

「しかしメキシコでは、数台のマシンがハイパーソフトタイヤでスタートし、良い仕事をして、良いポジションでフィニッシュした。だからそれと同じようなことをするために、僕らは全力を尽くさなければいけない」

1ストップの戦略は成功し得るのか?

 しかし、ハイパーソフトタイヤの1発のタイムは速いとしても、デグラデーション(タイヤの性能劣化)は非常に大きいようだ。ピレリのイゾラ曰く、ハイパーソフトでスタートした場合、最初のスティントは15周程度になる可能性があるという。

「ハイパーソフトタイヤでスタートしたならば、タンクが重いマシンにはグレイニング(タイヤのささくれ磨耗)が生じた。それが今日我々が見たものだ」

 そうイゾラは言った。

「ハイパーソフトでのスティントは、それほど長くはないはずだ。おそらく、15周を超えることはないだろう。その後、彼らはスーパーソフトタイヤに履き替え、レースをフィニッシュすることを目指す可能性がある」

「スーパーソフトとウルトラソフトのペース差は約0.2秒と非常に小さい。それが意味することは、もしスーパーソフトを選んだとしても、それが大きな不利益にはならないということだ」

次の記事
トロロッソ・ホンダ、ロングラン改善に注力。ガスリー白煙は影響なし

前の記事

トロロッソ・ホンダ、ロングラン改善に注力。ガスリー白煙は影響なし

次の記事

前戦でダメージも、ハミルトンのPUに問題なし?「すべてが正常に見える」

前戦でダメージも、ハミルトンのPUに問題なし?「すべてが正常に見える」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント アブダビGP
執筆者 Jonathan Noble