F1日本GPの開催契約が延長か。イタリアGPで正式発表へ

シェア
コメント
F1日本GPの開催契約が延長か。イタリアGPで正式発表へ
2018/08/31 8:30

F1日本GPの開催契約について、イタリアGPが開催されているモンツァで正式発表が行われるようだ。

 2019年以降のF1日本GPの開催契約延長に向けて、FOMと議論を進めてきた鈴鹿サーキット。この度、イタリアGPが開催されているモンツァで日本時間20時30分から記者会見が行われ、開催契約の延長が発表されるようだ。

 会見は『日本GPの契約延長について』と銘打たれており、は1会長のチェイス・キャリーの他、鈴鹿サーキットを運営するモビリティランドの山下晋社長、ホンダの山本雅史モータースポーツ部長が出席する予定となっている。

 山下社長は、イタリアGPを前にmotorsport.comの取材に次のように答えていた。

「今、議論をしているのは、お互いに何ができるようになるのか? です。過去のF1では、我々オーガナイザーができることというのがほとんどなかったです。色々なものがFOMの権利になっていて、我々が何かしたくても、ほぼ出来ない状態でした。それでお客様が減っていっても、我々はやりようがない……というのが今まで起きていたことでした。『それはもう嫌だ!』というのは、まず彼らに伝えて、我々にも幾らかの権利がほしい、ということを含めて話をしています。(権利がもらえれば)あとは我々の努力次第になりますからね」

「万が一ダメだった場合は、大変申し訳ありませんが(モンツァでは)何の発表もないということになります。いつまで(交渉期限を)引っ張るのか? ということに関してですが……我々としては、鈴鹿で開催されるF1日本GPまでには決めなきゃいけないと考えています。今回のモンツァで万が一合意できなかった場合には、またシンガポールで話し合いをするのか……あまり考えたくはないですが、そのようなスケジュールになるのではないかと思います」

次の F1 ニュース
フェルスタッペン、レッドブル・ホンダの目標は「まずは今と同レベル」

前の記事

フェルスタッペン、レッドブル・ホンダの目標は「まずは今と同レベル」

次の記事

イタリアFP1速報:ウエットでペレスがトップ。ハートレー4番手

イタリアFP1速報:ウエットでペレスがトップ。ハートレー4番手
Load comments

この記事について

シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース