F1
02 4月
-
05 4月
イベントは終了しました
30 4月
-
03 5月
イベントは終了しました
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
イベントは終了しました
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
4 days
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
11 days
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
32 days
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
46 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
60 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
88 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
95 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
109 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
116 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
130 days
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
144 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
151 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
165 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
179 days

「F1チームへの投資とは別物」レーシングポイント、ウルフのアストンF1関与を否定

シェア
コメント
「F1チームへの投資とは別物」レーシングポイント、ウルフのアストンF1関与を否定
執筆:
, Grand prix editor
2020/05/04 6:58

レースングポイントF1のオットマー・サフナウアー代表は、現メルセデスF1代表のトト・ウルフがアストンマーチンに投資していても、F1チームに関与するとは考えていないと語った。

 レーシングポイントのオーナーであるローレンス・ストロールがアストンマーチンに出資したことに伴い、レーシングポイントは2021年に名を“アストンマーチン”へと変える。伝統あるブランドが、約60年ぶりにF1へ参戦することになった。

 アストンマーチンに対しては、現在メルセデスF1でチーム代表を務めるトト・ウルフも個人的に投資を行なっている。ただ彼はメルセデスでの職務を続けるとしており、短期的にそれらの状況が変わることはないとコメントしている。 

 レーシングポイントのチーム代表であるオットマー・サフナウアーは、ウルフ代表によるアストンマーチンへの投資を喜んでいるが、彼がF1チーム運営に関わることは全く想定していないと話した。

「彼はメルセデスで素晴らしい仕事をしている。しかし私としては、彼が我々のチームに関心があるようには見えない」

 サフナウアー代表はSky Sportsに対してそう語った。

「ロードカーの会社の株式を持つことと、赤字を出しているF1チームに出資することは全く異なるモノだ」

 サフナウアー代表はウルフ代表と、アストンマーチンへの投資についてまだ話したことはないという。しかし彼は、投資がよく考えられたビジネス上の決定だと推察している。

「彼とはオーストラリアGPのレースウィークから、かれこれ6〜7週間は話していない。何度かZoomで姿は見たが、その件については尋ねていないんだ」

「私のようにトトをよく知っている人間からすれば、彼の言っていることは間違いなく正しいと思う。株価そしてトレンドを見れば、購入するには良いタイミングだったからだ」

「トトはそういった点でかなり優秀だ。彼はそういった種類の物事で少しお金を稼いだと思っている。そして、彼の言っていることを疑うことはない。彼は間違いなく正しいと思うし、購入するにもいいタイミングだったと思うよ」

 アストンマーチンについては、新型コロナウイルスのパンデミックによって市販車の販売数に大きな影響を受けており、資金不足に陥る懸念も持ち上がったが、2021年以降のF1の計画は予定通りに進められていると見られる。

 

Read Also:

次の記事
F1に必要な肉体と精神を新たなレベルに引き上げた……セナを特別にしたモノ

前の記事

F1に必要な肉体と精神を新たなレベルに引き上げた……セナを特別にしたモノ

次の記事

コロナ対策でF1チームが奇跡の共闘。ルノーがレッドブルのファクトリーで仕事?

コロナ対策でF1チームが奇跡の共闘。ルノーがレッドブルのファクトリーで仕事?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム Racing Point
執筆者 Luke Smith