F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
5 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
12 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
26 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
40 days

山本尚貴のFP1走行を間近で観た牧野任祐「すごく刺激になった」

シェア
コメント
山本尚貴のFP1走行を間近で観た牧野任祐「すごく刺激になった」
執筆:
2019/10/12 4:29

現在、スーパーフォーミュラとスーパーGTに参戦中の牧野任祐は、山本尚貴のF1デビューを間近で観たことで、良い刺激を受けたようだ。

 2019F1日本GPのフリー走行1回目に登場した山本尚貴。その姿を間近で観ていたという牧野任祐は、自分もさらに活躍したいという想いがより一層強くなったと語った。

 昨年までヨーロッパを舞台に活躍し、FIA F2ではモンツァラウンドで優勝も経験した牧野。今年は日本国内のトップカテゴリーを主戦場としている。スーパーフォーミュラではデビューレースとなった開幕戦鈴鹿でいきなりポールポジションを獲得する快挙を達成。スーパーGTでは元F1ドライバーのナレイン・カーティケヤンと組みModulo Nakajima Racingから参戦。先日の第7戦SUGOで2位表彰台を獲得した。

 牧野は、今回のF1日本GPフリー走行1回目にトロロッソ・ホンダから出走することになった山本の応援とFP1の見学も兼ねて急きょサーキット入り。セッション中はトロロッソのピット内で様子を観ていたというが「すごく良い刺激を受けました!」と開口一番に語った。

「僕自身ピットの中で(F1を)観るのは初めてではないですが、やっぱりホンダの先輩である尚貴さんがF1に乗るということで……悔しい気持ちも、もちろんありますが、それと同時に『すごいな』と思いました」

「今後の自分の目標というか……F1を目指している自分が国内レースで頑張っていれば、こういう機会に恵まれることもあるんだなと感じで、すごく良い刺激になりました」

 セッション後にそう感想を述べた牧野。改めて現在参戦している国内トップカテゴリーで頂点に立ちたいという思いが強くなったという。

「今の自分がやらなければいけないことは、そう(国内トップカテゴリーで頂点を獲ること)だと思います」

「こうして尚貴さんがFP1を走ったことで道筋がひとつできたと思いますし、日本で結果を出していけば、こういう話も出てくるかもしれません……。そういう意味で、今回は本当に(鈴鹿に)来てよかったなと思います」

「もし尚貴さんが乗らないんだったら、F1日本GPに来なくてもいいやと考えていましたが、こうして現場に来て、近くで観ておいて本当に良かったです」

 さらに牧野は、ホンダの先輩でありサーキットではライバルでもある山本を打ち負かして、自分のパフォーマンスを証明していきたいと、改めて決意を固めていた様子だった。

「もちろん、尚貴さんはホンダの先輩ですし、ホンダを代表するトップドライバーだと思います」

「GT500(スーパーGT)ではチームは違いますけど一緒にやっていますし、スーパーフォーミュラでも同じフィールドで戦っていますが、本当に手強いドライバーです。その中で彼から教わる部分も色々ありますが、僕も負けていられません」

「尚貴さんがF1に乗って走れるということも、このFP1で証明されたと思うので、その尚貴さんの前を走れるようになれば自分の存在を証明することにもなると思います。いつかこの舞台に立ちたいなとすごく思いました」

Read Also:

 

次の記事
FIAやF1チームは、台風19号の脅威にどう対処したのか?|F1日本GP

前の記事

FIAやF1チームは、台風19号の脅威にどう対処したのか?|F1日本GP

次の記事

初日苦戦のルノー、Q3進出は厳しい? ドライバー間の意見は分かれる

初日苦戦のルノー、Q3進出は厳しい? ドライバー間の意見は分かれる
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第17戦日本GP
ドライバー 山本 尚貴 , 牧野 任祐
執筆者 吉田知弘