レッドブル、タグ・ホイヤーとのパートナーシップを継続

シェア
コメント
レッドブル、タグ・ホイヤーとのパートナーシップを継続
Adam Cooper
執筆: Adam Cooper
2018/12/04 23:37

レッドブルは来季からホンダ製パワーユニットを使うことになるものの、タグ・ホイヤーとのパートナーシップを継続することになった。

 今季までルノー製のパワーユニットを使ってきたレッドブル。しかし2016年からは、レッドブルに搭載されるパワーユニットの命名権はタグ・ホイヤーに売却され、レッドブル・タグ・ホイヤーとしてF1を戦ってきた。

 来季からレッドブルはホンダ製パワーユニットを使うため、これまでのようにエンジンのバッジを換えることはできない。しかしながらタグ・ホイヤーは、2021年までレッドブルの公式タイムキーパー及び時計パートナーを務めるようだ。

 チームは「関係は今後数年間の間に進化していくだろう」と語り、その第1ステップとして、2019年には”マックス・フェルスタッペン”スペシャルエディションが発表されるという。

「過去3年の間に、タグ・ホイヤーの名前はチームの努力と深く結びついている」

 レッドブル・レーシングのクリスチャン・ホーナーは語った。

「パワーユニットのブランディングを通じて、同社の世界における知名度を活用してきた」

「タグ・ホイヤーの名前は、グランプリレースの黄金時代からの、優れた遺産を持っている。我々はそのストーリーに継続的に関わっていくことについて、誇りに思っている」

 タグ・ホイヤーのステファン・ビアンキ社長も、次のように語っている。

「このパートナーシップを通じて、タグ・ホイヤーとF1の間の驚異的な繋がりを、継続させなければいけないことは明らかだった」

 タグ・ホイヤーは、F1で最も長くスポンサーを務めている企業のひとつだ。同社は1970年代にフェラーリのパートナーとなり、後にマクラーレンのパートナーとなった。

 同社は他にも、フォーミュラEやWTCC、そしてインディ500などでもスポンサーを務めている。

次の記事
ランキング4位逃したハース、経験不足が敗因も「我々は学習している」

前の記事

ランキング4位逃したハース、経験不足が敗因も「我々は学習している」

次の記事

トップ3が強すぎる現状に、マグヌッセン「Bクラスを争うだけでは少し退屈」

トップ3が強すぎる現状に、マグヌッセン「Bクラスを争うだけでは少し退屈」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
チーム レッドブル 発売中
執筆者 Adam Cooper