F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
FP3 まで
00 時間
:
17
:
51
14 8月
次のセッションまで……
5 days
28 8月
次のセッションまで……
19 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
26 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
33 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
47 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
61 days
23 10月
次のセッションまで……
75 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
83 days

セナだけが輝いていたわけじゃない……84年F1デビュー組、それぞれの運命

シェア
コメント
スライダー
リスト

Ayrton Senna, Toleman TG183B

Ayrton Senna, Toleman TG183B
1/20

写真:: Sutton Images

Martin Brundle, Tyrrell 012

Martin Brundle, Tyrrell 012
2/20

写真:: Sutton Images

Stefan Bellof, Tyrrell 012 Ford

Stefan Bellof, Tyrrell 012 Ford
3/20

写真:: LAT Images

Ayrton Senna, Toleman TG183B

Ayrton Senna, Toleman TG183B
4/20

写真:: Sutton Images

Ayrton Senna, Toleman TG183B

Ayrton Senna, Toleman TG183B
5/20

写真:: Sutton Images

Ayrton Senna, Toleman TG183B Hart

Ayrton Senna, Toleman TG183B Hart
6/20

写真:: Ercole Colombo

Ayrton Senna, Toleman TG183B Hart

Ayrton Senna, Toleman TG183B Hart
7/20

写真:: LAT Images

Ayrton Senna, Toleman TG183B Hart

Ayrton Senna, Toleman TG183B Hart
8/20

写真:: LAT Images

Ayrton Senna, Toleman TG183B Hart

Ayrton Senna, Toleman TG183B Hart
9/20

写真:: LAT Images

Ayrton Senna, Toleman TG183B Hart

Ayrton Senna, Toleman TG183B Hart
10/20

写真:: LAT Images

Ayrton Senna, Toleman TG183B

Ayrton Senna, Toleman TG183B
11/20

写真:: Sutton Images

Martin Brundle, Tyrrell 012 Ford

Martin Brundle, Tyrrell 012 Ford
12/20

写真:: LAT Images

Stefan Bellof, Tyrrell 012 Ford

Stefan Bellof, Tyrrell 012 Ford
13/20

写真:: LAT Images

Martin Brundle, Tyrrell 012 Ford

Martin Brundle, Tyrrell 012 Ford
14/20

写真:: LAT Images

Stefan Bellof, Tyrrell 012 Ford, with Martin Brundle

Stefan Bellof, Tyrrell 012 Ford, with Martin Brundle
15/20

写真:: LAT Images

François Hesnault, Ligier JS23 Renault

François Hesnault, Ligier JS23 Renault
16/20

写真:: LAT Images

François Hesnault, Ligier JS23 Renault

François Hesnault, Ligier JS23 Renault
17/20

写真:: LAT Images

Philippe Alliot, RAM 02 Hart

Philippe Alliot, RAM 02 Hart
18/20

写真:: LAT Images

Philippe Alliot and Jonathan Palmer, RAM 02, 8th

Philippe Alliot and Jonathan Palmer, RAM 02, 8th
19/20

写真:: Sutton Images

Philippe Alliot, RAM 02 Hart

Philippe Alliot, RAM 02 Hart
20/20

写真:: LAT Images

執筆:
2020/03/31 8:45

1984年のブラジルGPは、その年のF1世界選手権の開幕戦であった。しかしそれだけではない、アイルトン・セナ、ステファン・ベロフ、マーティン・ブランドルなど、有望な新人ドライバーの当たり年でもあったのだ。

 1984年のF1は、まさに大型新人の当たり年だと言われる。アイルトン・セナ(トールマン)を筆頭に、マーティン・ブランドル(ティレル)、ステファン・ベロフ(ティレル)など、後に活躍するドライバーたちが、開幕戦ブラジルGPデ最高峰レースでの第一歩目を刻んだのだ。

 その中で予選最上位だったのはセナだった。セナはポールポジションを獲得したエリオ・デ・アンジェリス(ロータス)から5.1秒遅れの16番手だったものの、チームメイトのジョニー・チェコットを上回った。

 前年、セナとイギリスF3のタイトルを争ったブランドルは、自然吸気エンジンのティレルを駆り18番手。ベロフは23番手だった。なお同じくルーキーであるフランソワ・エスノー(リジェ)は19番手、フィリップ・アリオー(RAM)は25番手である。

Ayrton Senna, Toleman TG183B

Ayrton Senna, Toleman TG183B

Photo by: Sutton Images

 決勝レースで最初に脱落したのはセナだった。セナのターボはわずか8周で音を上げ、マシンストップ。ベロフは11周でストップ、アリオーはバッテリー、エスノーはオーバーヒートでそれぞれリタイアしている。

 新人の中で最後まで生き残ったのはブランドルただひとり。しかも、いきなり5番手フィニッシュという大金星だった。しかし後にこの年のティレルは、いわゆる水タンク事件(水タンクの中に鉛や炭化水素を入れていた事件)が発覚し、同年のリザルトが全て剥奪されたため、この5位入賞は幻と化することになる。

 その1年後、ベロフはスパ・フランコルシャンで行われたグループCカーレースの際に大クラッシュを喫し、命を落とすこととなってしまう。ブランドルは、その事故をピットレーンから目撃した。

「ベロフは確かにワイルドだった。でも、一部の人々が言うように、クラッシャーではなかったよ」

 ブランドルはそう英国Autosportに語っている。

「ジャガーのマシンに乗り込もうとした時、オー・ルージュでその事故が起きたのを見た。確かにその事故は大きなモノだったが、深刻には見えなかったんだ」

Stefan Bellof, Thierry Boutsen, Porsche 956

Stefan Bellof, Thierry Boutsen, Porsche 956

Photo by: Motorsport Images

「その先のことは見なかったし、F1でのチームメイトが死んでいるとは思わなかった。でも当時のスポーツカーレースでは、次に何が起きるのか……という感覚があったんだ。それは1994年のイモラの週末(セナとローランド・ラッツェンバーガーが死去した週末)と同じような感じだった」

「私がいたところから見るよりも、明らかに大きなエネルギーがかかっていたみたいだ。そして私が理解しているところによると、彼が生存する見込みはなかったんだ」

 エスノーは84年を戦い終えた後、翌年からはブラバムに移籍。ただなかなか思うような結果を残せず、シーズン途中でシートを奪われることとなった。その後、ドイツGPではルノーの3台目のマシンに乗り、スポット参戦。そのマシンには、オンボードカメラが搭載されていた。ただこのレースを最後に、F1から退いている。

 アリオーはいくつかのチームを渡り歩き、109レースをスタート。ただ獲得ポイントはわずか7であり、表彰台獲得経験もない。1994年のハンガリーGPでは、出場停止となったミカ・ハッキネンに代わり、マクラーレンMP4/9・プジョーをドライブしている。

 セナは言わずもがな。3回のF1ワールドチャンピオンに輝く大活躍を見せたが、1994年のサンマリノGPで事故死している。一方でセナとイギリスF3タイトルを争ったブランドルは、9回の表彰台を獲得したものの、ついぞ優勝することができず……若き日のライバルと同等の活躍をすることはできなかった。しかし今でも、F1中継のコメンテーターを務めるなど、おなじみのひとりとも言える存在だ。

Read Also:

フェラーリ、新規則導入の延期で不利に? それでも「F1のために必要なこと」

前の記事

フェラーリ、新規則導入の延期で不利に? それでも「F1のために必要なこと」

次の記事

F1のファクトリー閉鎖期間がさらに延長へ? チーム側は「コスト削減になる」と歓迎

F1のファクトリー閉鎖期間がさらに延長へ? チーム側は「コスト削減になる」と歓迎
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント ブラジルGP
執筆者 Charles Bradley