F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
03 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
10 7月
-
12 7月
FP3 まで
17 時間
:
07
:
31
R
ハンガリーGP
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
6 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
20 days
R
F1 70周年記念GP
07 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
27 days
R
スペインGP
14 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
34 days
28 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
48 days
R
イタリアGP
04 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
55 days
R
シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
Canceled
R
ロシアGP
25 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
76 days
08 10月
-
11 10月
Canceled
23 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
104 days
R
メキシコGP
30 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
111 days
R
ブラジルGP
13 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
125 days
R
アブダビGP
27 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
139 days

これまで85人のドライバーが参加。レッドブル・ジュニア・チームの価値とは?

シェア
コメント
これまで85人のドライバーが参加。レッドブル・ジュニア・チームの価値とは?
執筆:
協力: Jamie Klein
2020/05/24 3:21

レッドブルのジュニア・チームは、今年で20年目のシーズンを迎えている。このプログラムでは、これまで85人以上のジュニアドライバーをサポート。そこに多額の費用を投じてきた。しかし、それだけの価値はあったのだろうか?

 2000年代、それまでザウバーのスポンサーを務めていたレッドブルは、独自のドライバーアカデミーを設立し、若いドライバーをスカウト。彼らのキャリアを財政面でもバックアップしてきた。

 レッドブルはそれ以前にも一部のドライバーをサポートしていた。特に2001年、エンリケ・ベルノルディがアロウズからF1昇格をデビューを果たすのに重要な役割を果たした。レッドブルのジュニアチーム設立は、それを一歩前進させ、独自の予算とヘルムート・マルコを頂点とした若い才能を発掘するための組織を構築した。

 マルコは自身のレーシングキャリアを終わらせた後、ゲルハルト・ベルガーやカール・ヴェンドリンガーなど同郷のドライバーたちのマネジメントを続け、F3などに参戦したチーム”RSMマルコ”を設立した。1999年、RSMマルコはレッドブル・ジュニア・チームと名を変え、ベルノルディやリカルド・マウリシオ(3レース後にマーカス・フリーザッハーに交代)が同年と翌2000年にマシンをドライブした。

 2001年、レッドブル・ジュニア・チームのプログラムには7人のドライバーが加入し、スタートを切った。これにはマウリシオ、フリーザッハー(F3000)、ベルンハルト・オーインガー(ドイツF3)、クリスチャン・クリエン(フォーミュラBMW)、レインハルド・コフラー(フォーミュラBMW・ジュニア)、そしてカートではクリストファー・ヴァッサーマンとセバスチャン・ベッテルを支援した。

Ricardo Mauricio, Red Bull Junior Team

Ricardo Mauricio, Red Bull Junior Team

Photo by: Joe Santos

 マウリシオはF3000で好成績を残すことができず、2002年の始めにプログラムから離脱することになった。しかしその時までに、新たにふたりのドライバー、ビタントニオ・リウッツィとマーティン・ラッジンガーがレッドブル・ジュニア・チームに加わることになった。

 この時点のレッドブル・ジュニアドライバーのうち、最終的にF1までたどり着いたのは3人だけである。クリエンは2004年にジャガーからF1デビュー。2005年にはリウッツィがレッドブルからF1昇格を果たした。しかしこのプログラムのイメージを大きく変えたのは、ベッテルが大成功を収めたことだった。

 ベッテル登場以前、レッドブル・ジュニア・チームは成功したとはみなされていなかった。2003年と2004年にはプログラムは大幅に拡大し、16人以上のドライバーがプログラムに加入したにもかかわらずだ(中には、後にF1デビューを果たすスコット・スピードも含まれていた)。ルイス・ハミルトンやニコ・ロズベルグ、そしてロバート・クビサなどの若手ドライバーたちには、マルコの指は動かなかった。

 ベッテルはBMWと共同でマネジメントしていたため、100%レッドブルのドライバーだというわけではなかった。そのため、ベッテルが初めてF1マシンを走らせたのは、BMWエンジンを搭載したウイリアムズ。2005年のことだ。そして2006年には、BMWザウバーのサードドライバーに指名された。そして2007年のアメリカGPでは、前戦カナダGPで負傷したロバート・クビサの代役としてF1デビュー。いきなり8位に入賞し、強い印象を示した。

Sebastian Vettel, Sauber F1.06-BMW

Sebastian Vettel, Sauber F1.06-BMW

Photo by: Charles Coates / Motorsport Images

 ベッテルはデビュー戦から4レース後、スピードの後任としてトロロッソに加入することになった。BMWはその年の最後までベッテルを起用する権利を持っていたが、ニック・ハイドフェルドとクビサのコンビを継続することを選択。そしてベッテルは、2008年にはトロロッソからフル参戦することになった。

 ベッテルはその年、ウエットコンディションのモンツァで優勝することになる。それまでレッドブル・ジュニア・チームの卒業生たちは、F1で成功したとは言えなかった。クリエンもスピードも、レッドブルの枠から外れた後、そのキャリアを軌道に乗せることはできなかった。

 その後、2009年にはレッドブルに昇格したベッテルの後を引き継ぐ形でセバスチャン・ブエミがトロロッソに加入。その年の後半には、ハイメ・アルグエルスアリがセバスチャン・ブルデーの後任としてトロロッソに加入した。しかしブエミもアルグエルスアリも、レッドブル・レーシング入りを果たすことができなかった。

Jaime Alguersuari, Toro Rosso STR04

Jaime Alguersuari, Toro Rosso STR04

Photo by: Charles Coates / Motorsport Images

 ベッテルの次にレッドブルまでたどり着いたのは、ダニエル・リカルドである。リカルドは2011年に下位チームのHRTで光る走りを見せ、トロロッソでの2シーズンを経てレッドブル入りを果たす。トロロッソ在籍中、リカルドはジャン-エリック・ベルニュなど手強いチームメイトとの戦いを制した格好だ。そして2014年のカナダGPでF1初優勝。この勝利が、レッドブル・ジュニア・チーム”真の”出身ドライバーが、初めて表彰台の頂点に立った例とも言えよう。

 ダニール・クビアトは、レッドブルまでたどり着いた、レッドブル・ジュニア・チーム出身3人目のドライバーである。トロロッソでベルニュを下し、2015年にレッドブル入り。しかし、1年と少しでトロロッソに再び降格させられてしまう。

 これに続いたのがマックス・フェルスタッペンだ。フェルスタッペンはメルセデスからも声がかかっていたが、レッドブル・ジュニア・チーム入りを選択。2014年の日本GPでトロロッソからフリー走行に初めて出走した。当時まだ16歳という若さだった。

 そして2015年にレギュラードライバーとしてF1デビュー。17歳165日という史上最年少記録でF1デビューを果たすことになった。

 フェルスタッペンは、ある意味ではレッドブル・ジュニア・チーム史上最も大胆な賭けといえるかもしれない。しかしレッドブル昇格後、メルセデスが支配的な強さを発揮した4シーズン弱の間に8勝を挙げたことを考えれば、見事に報われたとも言えるだろう。

Max Verstappen, Red Bull Racing speaks with members of the media

Max Verstappen, Red Bull Racing speaks with members of the media

Photo by: Red Bull Content Pool

 今やF1グリッドの1/3以上のドライバーは、レッドブル・ジュニア・チーム出身者だ。ただ、これまでレッドブル・ジュニア・チームに参加した85人のドライバーのうちの、ほんの一部である。さらにレースに勝ったのは3人のみ。ワールドチャンピオンになったのはベッテルただひとりである。

 ジュニア・フォーミュラでの活動資金を拠出し、ミナルディを買収して姉妹チームのトロロッソ(現アルファタウリ)を運営……そのコストを考えれば、大きな利益を出しているとは言えないかもしれない。しかし、ベッテルやリカルド、そしてフェルスタッペンのような世界的なスターを育成したことによるマーケティングへの影響は、決して過小評価されるべきではない。

 マルコの育成ドライバーの扱い方については、しばしば厳しい批判を受けている。しかしレッドブルの育成枠を経て、F1以外で大活躍しているドライバーは少なくない。ブエミ、ニール・ジャニ、ブレンドン・ハートレー、ベルニュ、アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ……彼らはF1では活躍できなかったかもしれないが、フォーミュラEやWECで確固たる地位を築いた。

 20年目のシーズンを迎えたレッドブル・ジュニア・チームには、現在9人のドライバーが参加している。その中から、2020年代のレッドブルのスターとなるドライバーが出てくるかもしれない。彼らが活躍できるか、それともプログラムから外されてしまうか……それは自分自身の腕にかかっていると言えるだろう。そしておそらく、彼らもそれを認識しているはずだ。

Read Also:

レッドブル・ジュニア・チームに在籍した85人:

(”x”:レッドブル・ジュニア・チーム所属、”RB”、”TR”、”AT”はF1参戦)

ドライバー

01

02

03

04

05

06

07

08

09

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

Austria クリスチャン・クリエン

x

x

x

Ja

RB

RB

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Germany セバスチャン・ベッテル

x

x

x

x

x

x

x

TR

TR

RB

RB

RB

RB

RB

F

F

F

F

F

F

Austria ベルンハルト・オーインガー

x

x

x

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Austria パトリック・フリーザッハー

x

x

x

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Austria レインハルド・コフラー

x

x

x

x

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Brazil リカルド・マウリシオ

x

x

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Austria クリストファー・ヴァッサーマン

x

x

x

x

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Italy ビタントニオ・リウッツィ

 

x

x

x

RB

TR

TR

 

FI

FI

Hi

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Austria マーティン・ラッジンガー

 

x

x

x

x

x

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

United States スコット・スピード

 

 

x

x

x

TR

TR

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

United States ポール・エドワーズ

 

 

x

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Austria マシアス・ラウダ

 

 

x

x

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

United States グラント・マイマン

 

 

x

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

United States ジョエル・ネルソン

 

 

x

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Austria ノルベルト・ザイドラー

 

 

x

x

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Germany ミハエル・アーマミュラー

 

 

 

x

x

x

x

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Belgium ドミニク・クレサン

 

 

 

x

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

United States コリン・フレミング

 

 

 

x

x

x

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

United States マット・ジャスコル

 

 

 

x

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

India ナレイン・カーティケヤン 

 

 

 

x

Jo

 

 

 

 

 

 

Hi

 

 

 

 

 

 

 

 

Finland アッテ・マストネン

 

 

 

x

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Mexico ギレルモ・ロジャス

 

 

 

x

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

South Africa アイドリエン・ゾーグ

 

 

 

x

x

x

x

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Switzerland セバスチャン・ブエミ

 

 

 

 

x

x

x

x

TR

TR

TR

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Portugal フェリペ・アルバカーキ

 

 

 

 

x

x

x

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Russian Federation ミカエル・アレシン

 

 

 

 

x

x

x

x

x

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Monaco ステファノ・コレッティ

 

 

 

 

x

x

x

x

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

United States ジョン・エドワーズ

 

 

 

 

x

x

x

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Austria フィリップ・エンゲ

 

 

 

 

x

x

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Switzerland ニール・ジャニ

 

 

 

 

x

 

x

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Hong Kong ジム・カ・ト

 

 

 

 

x

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Argentina マシアス・ミラ

 

 

 

 

x

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Finland ティーム・ナイマン

 

 

 

 

x

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Spain ハイメ・アルグエルスアリ

 

 

 

 

 

x

x

x

TR

TR

TR

 

 

 

 

 

 

 

 

 

New Zealand ブレンドン・ハートレー

 

 

 

 

 

x

x

x

x

x

 

 

 

 

 

 

TR

TR

 

 

Russian Federation セルゲイ・アファナシエフ

 

 

 

 

 

x

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Australia ネイサン・ アントゥネス

 

 

 

 

 

x

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Japan 黒田吉隆

 

 

 

 

 

x

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

United Kingdom オリバー・オークス

 

 

 

 

 

x

x

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Italy エドアルド・ピスコポ

 

 

 

 

 

x

x

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ireland 二オール・クイン

 

 

 

 

 

x

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Canada ロバート・ウィッケンス

 

 

 

 

 

x

x

x

x

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Brazil ペドロ・ビアンキ

 

 

 

 

 

 

x

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

France トム・ディルマン

 

 

 

 

 

 

x

x

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Finland ミカ・マキ

 

 

 

 

 

 

x

x

x

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Germany ケビン・ミロチャ

 

 

 

 

 

 

x

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Canada ダニエル・モラッド

 

 

 

 

 

 

x

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

France ジャン-カール・ヴェルネイ

 

 

 

 

 

 

x

x

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

India カルン・チャンドック

 

 

 

 

 

 

 

x

 

Hi

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Australia ダニエル・リカルド

 

 

 

 

 

 

 

x

x

x

Hi

TR

TR

RB

RB

RB

RB

RB

R

R

France ジャン-エリック・ベルニュ

 

 

 

 

 

 

 

x

x

x

x

TR

TR

TR

 

 

 

 

 

 

Spain ダニエル・ジュンカデラ

 

 

 

 

 

 

 

x

x

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Italy ミルコ・ボルトロッティ

 

 

 

 

 

 

 

 

x

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Russian Federation ダニール・クビアト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

x

x

x

x

TR

RB

RB

TR

TR

 

TR

AT

Spain カルロス・サインツJr.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

x

x

x

x

x

TR

TR

TR

R

R

M

M

Thailand アレクサンダー・アルボン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

x

 

 

 

 

 

 

TR

RB

RB

Portugal アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

x

x

 

 

 

 

 

 

 

South Africa カラン・オキーフェ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

x

x

 

 

 

 

 

 

 

Germany ステファン・ワッケルバウワー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

x

 

 

 

 

 

 

 

 

United Kingdom ルイス・ウイリアムソン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

x

 

 

 

 

 

 

 

 

United Kingdom トム・ブロンクヴィスト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

x

 

 

 

 

 

 

 

Netherlands ベイスク・フィッセール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

x

 

 

 

 

 

 

 

Netherlands マックス・フェルスタッペン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

x

TR

TR

RB

RB

RB

RB

RB

France ピエール・ガスリー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

x

x

x

x

TR

RB

TR

AT

United Kingdom アレックス・リン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

x

 

 

 

 

 

 

United Kingdom カラム・アイロット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

x

 

 

 

 

 

United Kingdom ディーン・ストーンマン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

x

 

 

 

 

 

Brazil セルジオ・セッテ・カマラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

x

 

 

 

 

Finland ニコ・カリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

x

x

 

 

 

Australia ルイス・リーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

x

 

 

 

 

Netherlands リチャード・フェルシュホー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

x

x

 

 

 

United Kingdom ダニエル・ティクトゥム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

x

x

x

 

United States ニール・フェルハガン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

x

x

 

 

Australia ジャック・ドゥーハン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

x

x

x

Norway デニス・ハウガー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

x

x

x

United Kingdom ジョニー・エドガー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

x

x

x

United Kingdom ハリー・トンプソン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

x

x

 

Estonia ユーリ・ヴィップス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

x

x

Austria ルーカス・アウアー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

x

 

Mexico パトリシオ・オワード

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

x

 

Australia リアム・ローソン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

x

x

Japan 角田裕毅

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

x

x

India ユアン・ダルバラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

x

Brazil イゴール・フラガ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

x

United States ジャック・クロフォード

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

x

Drivers per year

7

9

14

16

16

20

20

13

9

5

4

7

6

4

3

5

5

6

10

9

F1チーム名: AT=アルファタウリ、F=フェラーリ、FI=フォースインディア、Hi=HRT、Ja=ジャガー、Jo=ジョーダン、M=マクラーレン、R=ルノー、RB=レッドブル、TR=トロロッソ

次の記事
GPDA会長ブルツ、ドライバーの声を代弁「みんな無観客レースを受け入れている」

前の記事

GPDA会長ブルツ、ドライバーの声を代弁「みんな無観客レースを受け入れている」

次の記事

Road to F1〜夢への道のり〜:ロマン・グロージャン編

Road to F1〜夢への道のり〜:ロマン・グロージャン編
コメントを読み込む