F1 日本GP

フェラーリ、F1日本GPで新フロア投入。ランキング2位争うメルセデスに追いつくための武器になる?

フェラーリがF1日本GPで導入した新フロアは、メルセデスとのコンストラクターズランキング2位争いを優位に進めるための武器になっているようだ。

Carlos Sainz, Ferrari SF-23

 F1はシーズン終盤のフライアウェイラウンドに突入したが、マシンのアップデートを続けているチームもある。

 メルセデスとコンストラクターズランキング2位を争っているフェラーリもそのうちのひとつで、日本GPでフロアをアップデートを投入した。

Ferrari SF-23 side detail
Ferrari SF-23 technical detail

 フロアに沿って発生するロスを減らし、パフォーマンスを向上することがその狙いだという。変更はフロアアッセンブリーの前面から始まっており、フロアフェンスをわずかに変更することで局所的な気流を改善し、下流側のクオリティ向上も目指しているという。これにより、フロア下面との相互関係も変化しているようだ。

 フロアはリヤに向かって細くなるようにデザインされており、下向きのアーチによってエッジにリップが形成されている。ディフューザーのサイドウォールはフェラーリがリソースを投じているエリアであり、車両前方に加えられたアップデートの効果を最大限発揮するために、変更が加えられた。

Red Bull Racing RB19 new floor comparison

Red Bull Racing RB19 new floor comparison

Photo by: Giorgio Piola

 日本GPで新しいフロアを使用したのはフェラーリだけではなかった。レッドブルはシンガポールGPではマシンセットアップで混乱したことから使用を断念したアップデートを持ち込んだ。

 新フロアの変更点は、実際には新たな領域をカバーするためのものではなく、すでにあったディティールを改善し、パフォーマンスを向上することを狙っている。

 フロア前方のC字型に盛り上がったエッジウイングは今季のトレンドだが、以前のレイアウトと比べるとサイズが大きくなっている。

 一方、その後ろのねじれたスクロールのような部分にはキャンバーが追加され、ストレーキも2本に増加。より気流をうまくコントロールしたいという狙いが見える。

Mercedes F1 W14 rear wing detail

Mercedes F1 W14 rear wing detail

Photo by: Uncredited

 メルセデスもマシンに何の変更も加えず日本GPに臨んだわけではなく、リヤウイングエンドプレートの下部に、特徴的なデザインの”盛り上がり”を追加した。

 これは局所的にダウンフォースを生むだけでなく、周囲のエレメントやそれらが生み出す流れ構造を空力的にサポートする効果があるはずだ。

 開幕戦の時点では、アストンマーチンがターニングベインのような形で同様の効果を狙った他、マクラーレンやアルピーヌ、ウイリアムズ、アルファタウリといったチームがメルセデスと同じようなソリューションを採り入れている。

AlphaTauri AT04 technical detail

AlphaTauri AT04 technical detail

Photo by: Filip Cleeren

 

前の記事 【相撲から見たF1の世界】人気を高めるために重要な”きっかけ”:力士俳優の田代良徳と澤田賢澄に訊く……日本GP前イベントでフェルスタッペンや角田裕毅らと共演
次の記事 チームオーダー騒動でガスリー激怒のアルピーヌ、ポジション入れ替え指示には後悔なしも「彼とのコミュニケーションは最適ではなかったかもしれない」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本