【F1メカ解説】メルセデス、”超低速”モナコにサスペンションアップデートを実施。より曲がりやすく?

F1モナコGPで大敗喫したメルセデス。ただ同チームは、そんなコースでも最大限のパフォーマンスを発揮するべく、様々なアップデートパーツをモナコに持ち込んでいた。

【F1メカ解説】メルセデス、”超低速”モナコにサスペンションアップデートを実施。より曲がりやすく?

 第4戦スペインGPが終わった時点で、コンストラクターズランキング首位に立っていたメルセデス。しかしモナコGPは一転、大苦戦のレースとなった。

 メルセデスは伝統的に、ホイールベースの長いマシンを走らせてきた。ホイールベースの長いマシンは、モナコのような狭く曲がりくねったようなコースには不向きと言われることが多いが、それでもメルセデスは2013年からモナコ4連覇。そして2019年にも勝利を収めている。

 ただ、モナコへの指標とも言われるカタルニア・サーキットのセクター3の速さは、今年に限ってはレッドブルの後塵を拝していた。

 そんな状況でメルセデスは、モナコに向けて数々のアップデートパーツを投入。その効果は発揮されなかったのか、ルイス・ハミルトンが7位、バルテリ・ボッタスがリタイアと、前述の通り大苦戦のレースとなってしまった。

 結果が伴わなかったとはいえ、メルセデスが行なったアップデートは、マシンとタイヤからペースを引き出すための最良の方法だったはずだ。

抜本的な変更

 メルセデスのシーズン序盤戦での進歩は、機械面であれ空力面であれ、適切なセットアップを理解することに端を発する。その結果、シーズン開幕前にはリヤエンドが不安定だったが、小さなアップデートにより、これが解消された。

 しかし新しいステアリング、サスペンション、ブレーキアッセンブリーなど、モナコに全チーム中最大とも言えるアップデートパーツを導入した。

MERCEDES W12 comparison

MERCEDES W12 comparison

Photo by: Uncredited

 モンテカルロ市街地コースは、冒頭でも述べた通り超低速。他に類を見ないコース特性であり、全チームがこれへの対処を要することになる。

 長いホイールベースのメルセデスW12は、ヘアピンを効率的にクリアするためには、他のチーム以上に工夫することが必要だろう。

 上の写真を見れば、そのためのチームの努力は一目瞭然だ。

 スペインGPの仕様と比較すると、ロワウイッシュボーンとステアリングロッドはより前方に配置されている。特に黄色の点線で示されているステアリングロッドは、スペイン仕様に比べて幅が広くなり、さらにホイール側の端では、さらに前方に向けて曲げられている。また、ロワウイッシュボーンの前とステリングロッドの間のスペースも広がっている。

 この変更は、W12の低速における操縦性を引き上げるために行なわれたもの。ただそれだけではなく、ブレーキダクトの設計変更にも影響を及ぼした。

Mercedes W12 front brake duct comparison

Mercedes W12 front brake duct comparison

Photo by: Uncredited

 ステアリングロッドとウイッシュボーンのレイアウトを変更したことにより、ブレーキダクトにも大きな変更が必要だった。ステアリングロッドを前方に移したことにより、写真の黄色で塗りつぶされた部分には、ダクトを配置することができなくなった。その結果、青色で塗られた部分でこれまで同様の気流を取り入れるためには、ダクト内の分割を変更する必要があった。

 このブレーキダクトから取り入れられる気流は、通常ならばブレーキの冷却のみならず、空力効果を向上させるためにも使われる。しかし今回サスペンションのレイアウトが変更されたことにより、ダクトの分割に制限が加わることになった。結局冷却性能を確保することが優先され、空力性能は後回しにされることになった。

 

Read Also:

シェア
コメント
【インタビュー】ホンダ長井昌也モータースポーツ部長(2)“松下騒動”を語る
前の記事

【インタビュー】ホンダ長井昌也モータースポーツ部長(2)“松下騒動”を語る

次の記事

FIA、モナコGP予選でのルクレールのクラッシュを受け、”予選タイム抹消ルール”導入も視野

FIA、モナコGP予選でのルクレールのクラッシュを受け、”予選タイム抹消ルール”導入も視野
コメントを読み込む