F1
30 4月
-
03 5月
Canceled
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Postponed
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
26 days
R
第13戦ハンガリーGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
40 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
55 days
R
第6戦スペインGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
68 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
82 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
89 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
103 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
110 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
124 days
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
138 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
145 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
159 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
173 days

トッド会長、FIA技術陣に自信「しかし全ての不正を検知できるかは分からない」

シェア
コメント
トッド会長、FIA技術陣に自信「しかし全ての不正を検知できるかは分からない」
執筆:
2020/04/20 9:43

FIAはF1チームに対し、昨年フェラーリのエンジンに関する論争があったにもかかわらず、ますます複雑化するテクニカルレギュレーションを監視することができると語った。

 FIAは昨年、フェラーリが不正に燃料の流量制限を回避する方法を使っているのではないかというライバルチームからの疑念を受け、フェラーリの2019年仕様パワーユニットを詳細にわたって調査した。

 結局FIAは、フェラーリがレギュレーションに違反したことを証明できなかったため、チームとの間で和解し、この問題を解決したと発表した。

 しかしライバルチームは、この裁定に当然不満を示した。その中でも特に、FIAがフェラーリの状況を完全に理解することができなかったため、レギュレーションを破るチームを効果的に把握できるかどうか、その能力に疑問符が付けられた。

 これについてFIAのジャン・トッド会長は、全てのレギュレーション違反を検知できるという保証はないものの、FIAのスタッフの専門知識は豊富であり、露骨な違反を犯して逃げ切ることができないと確信していると語った。

「おそらく、今は非常に複雑になっている。しかしFIAの技術的能力はこれまで以上に高い」

 トッド会長はmotorsport.comの独占インタビューでそう語った。

「現在の世界では、担当者がチームメンバーに何かを尋ねるのは、非常に困難だ。不正行為の共犯になってしまうからね」

「あるチームから別のチームに移籍した時も、そういうことを非常に困難にする」

「でも、もし何が起きていたとしても、全てを検出できるかと尋ねられたら、その答えはノーだろうね」

 

Read Also:

次の記事
「実際のレースより汗をかく!」アルボン、F1バーチャル中国GPでの2位に大興奮

前の記事

「実際のレースより汗をかく!」アルボン、F1バーチャル中国GPでの2位に大興奮

次の記事

使用禁止の画期的F1マシン:グランドエフェクトを追求、”ツインシャシー”ロータス88

使用禁止の画期的F1マシン:グランドエフェクトを追求、”ツインシャシー”ロータス88
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Jonathan Noble