F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
31 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
45 days
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
59 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
73 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
80 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
94 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
108 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
115 days
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
129 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
136 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
150 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
164 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
192 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
199 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
213 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
220 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
234 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
248 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
255 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
269 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
283 days

クビアトのトロロッソ復帰は決定的? ニコラス・トッドがマネジメント

シェア
コメント
クビアトのトロロッソ復帰は決定的? ニコラス・トッドがマネジメント
執筆:
2018/09/23 10:03

来季トロロッソ・ホンダのドライバーとして復帰する可能性が噂されるダニール・クビアトのマネジメントを、ニコラス・トッドが務めていることが分かった。

 現在フェラーリの開発ドライバーを務めるダニール・クビアトは、来季トロロッソ・ホンダの有力候補のひとりであるとみられている。

 かつてトロロッソからF1デビューを果たしたクビアトは、順調にキャリアを進み、レッドブルのレギュラードライバーに昇格した。しかしミスが度重なったことにより、トロロッソに降格。さらに昨シーズン途中には、レッドブルの育成枠から解雇されてしまった。

 そのためクビアトは、今季からフェラーリの開発ドライバーを務めることになった。

 しかしそのクビアトにはチャンスが巡ってきた。レッドブルの育成ドライバーが不足したことで、現時点では来季のトロロッソ・ホンダのシートが、ふたつとも空いた状況になったのだ。そのため、クビアトがトロロッソ復帰を果たす可能性が高いと言われている。

 そのクビアトのマネジメントを、ニコラス・トッドが務めていることが分かった。彼は現在のFIA会長であるジャン・トッドの息子であり、来季からフェラーリに加入することが決まったシャルル・ルクレールのマネージャーも務めている。

「過去数カ月、ダニールのレースキャリアをマネジメントしてきた」

 トッドはそうmotorsport.comの取材に語った。

「私は、彼のような才能を手助けすることを熱望している。私の意見では、彼はF1でやり残した仕事がある」

 クビアトのトロロッソへの復帰は、まだ確認されていない。しかしながらパドックの情報源によれば、すでに契約は完了しており、そのためにクビアトはもうフェラーリでの実務は行っていないという。

 なおレッドブルは、一度は解雇したクビアトを再び呼び戻すことに、満足しているようだ。なぜならレッドブルは、クビアトは一度F1から離れたことによって、成長しているはずだと考えているからだ。

「彼はより成熟していると言うべきだろう。しかし、我々とトロロッソは、急いでいない」

 レッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、motorsport.comに対してそう語った。

「我々のドライバーの問題は、解決することになるだろう。我々には、候補としてたくさんの名前があるのだ」

次の記事
お値段以上の価値を……鈴鹿サーキットが考える、F1日本GP将来の形

前の記事

お値段以上の価値を……鈴鹿サーキットが考える、F1日本GP将来の形

次の記事

今季4勝目狙うレッドブル、メキシコGPがラストチャンス?

今季4勝目狙うレッドブル、メキシコGPがラストチャンス?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Adam Cooper