F1
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
FP3 まで
18 時間
:
27
:
50
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月

規則変更の影響に期待するルノー。トップチームのパフォーマンスは落ちる?

シェア
コメント
規則変更の影響に期待するルノー。トップチームのパフォーマンスは落ちる?
執筆:
協力: Edd Straw
2019/01/28 3:03

ルノーのマルチン・ブコウスキーは、2019年のレギュレーション変更により、トップ3チームとの差を縮めることを期待している。

 ルノーのエクゼクティブ・ディレクターであるマルチン・ブコウスキーは、2019年の新レギュレーションの影響により、トップ3チームは中団チームに近付くことになるだろうと考えている。

 今季のF1はレギュレーションが改定され、よりシンプルな空力パーツを使うことになる。これは、前を行くマシンに近づきやすく、そしてオーバーテイクを促進するための施策であるが、このレギュレーション導入により、勢力図が変わる可能性も指摘されている。

 ルノーのブコウスキーは、今回のレギュレーション変更は、メルセデスやフェラーリ、そしてレッドブルなどトップ3チームに、特に大きな影響を及ぼすことになるだろうと考えている。

「今回の変更が、我々や他のチームにとって重要なモノになるのかどうか、それを言うのは難しい。しかし個人的な意見では、大きなチーム、優れていたチームは、より多くのパフォーマンスを失うことになるだろう」

「彼らは、より速いマシンを持っていた。前のレギュレーションに最適化されたマシンを持っていたんだ。だから、我々よりも大きく後退したことになるだろう」

「しかし、彼らはより多くのリソースを持ち、大きな組織を持っている。つまりは、我々よりも回復させる能力がある」

「また、彼らは手にしていた知識により、以前のレベルに到達することができた。彼らはまだ、それを持っている。その理解を使って、さらなる性能を見つけようと試みることができるのだ。だからこそ、誰が大きく後退し、誰が大きく前進したのかを言うのは難しい」

「私の考えでは、(今回のレギュレーション改定は)おそらくトップチームと中団チームの差を少し縮めただろうと思う。なぜなら、レギュレーションによって以前よりも制限が加わっているからだ。使えるパフォーマンスが少なくなっているのだ」

 ルノーは昨年、トップ3チームに次ぐ位置でシーズンを終えた。そして2019年の目標を、トップ3に近付くことに置いている。しかしブコウスキーは、その差を今シーズン中に完全に埋めるのは、簡単なことではないと考えている。

「現実的なことを言えば、昨年の状況を見れば、冬の間に1.5秒のパフォーマンス差を埋めるのはほとんど不可能だ」

 そうブコウスキーは語った。

「しかし今はレギュレーションが変わる。それは、序列に影響を与えることになったかもしれない。そのことは、一部のチームにパフォーマンスや信頼性の懸念を及ぼす可能性がある。そういった外的な要因はあるが、それは我々がコントロールできないことだ」

「我々にできることは、できる限り良いマシンを生み出し、そのレギュレーション下で可能な限り良い仕事をして宿題をこなし、目標を達成することだ」

「その序列は、相対的なパフォーマンスの問題だ。もし我々がパフォーマンスの目標を達成することができれば、昨年と比較して進歩しているはずだ。他のチームがそれほど良い仕事をすることができなければ、それは我々にとって良いことになるだろう」

次の記事
ハミルトンを間近で観察。ラッセルの2018年の”経験”は、将来必ず役立つ?

前の記事

ハミルトンを間近で観察。ラッセルの2018年の”経験”は、将来必ず役立つ?

次の記事

ペレス、パフォーマンスに自信アリ。“レース結果が全て”

ペレス、パフォーマンスに自信アリ。“レース結果が全て”
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Jonathan Noble