F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
50 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
64 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
78 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
92 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
99 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
113 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
127 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
134 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
148 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
155 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
169 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
183 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
211 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
218 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
232 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
239 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
253 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
267 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
274 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
288 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
302 days

トロロッソ・ホンダ、新車STR14を2月11日に発表へ

シェア
コメント
トロロッソ・ホンダ、新車STR14を2月11日に発表へ
執筆:
2019/01/26 1:38

トロロッソ・ホンダは、2月11日に2019年用マシンをオンラインで公開することを明らかにした。これは、現時点で発表されている中でもっとも早い新車発表となる。

 トロロッソ・ホンダは、2019年用マシンSTR14を、2月11日(月)にオンラインで発表することを明らかにした。

 トロロッソSTR14は、同じホンダ製パワーユニットを搭載するレッドブルの2019年用マシンをリヤエンドを共有、他にもレギュレーションで許されている範囲内で多くの共通点を持つと言われており、大きな戦闘力アップが期待されている。

 2月11日は、現時点までに明らかにされている中で、もっとも早い新車発表日程ということになる。トロロッソの次の新車を発表するのはルノーで、翌12日に発表を行う予定だ。

 その後、13日にはレーシングポイント、14日にはマクラーレン、そして15日にはフェラーリと、怒涛の新車発表ラッシュが続いていく。

 ザウバーは2月18日のバルセロナテスト初日に新車を発表する予定。ハースも同様になると思われる。

 メルセデス、レッドブル、ウイリアムズの3チームは、発表計画を明らかにしていない。しかしレッドブルは、2018年と同様に発表前にシルバーストンでシェイクダウンを行い、その後テスト開始前にピットレーンでニューマシンを発表することになるとみられる。

 トロロッソ・ホンダの新車発表は、下記で配信される。

 

F1新車発表日程
2月11日:トロロッソ
2月12日:ルノー
2月13日:レーシングポイント
2月14日:マクラーレン
2月15日:フェラーリ
2月18日:ザウバー&バルセロナ第1回プレシーズンテスト
2月25日:バルセロナ第2回プレシーズンテスト

次の記事
アーバイン、ベッテルを酷評「一芸しかない……4回王者には見えないね」

前の記事

アーバイン、ベッテルを酷評「一芸しかない……4回王者には見えないね」

次の記事

ギャラリー:ルノーF1ワークスマシン全20台(1977〜2018)

ギャラリー:ルノーF1ワークスマシン全20台(1977〜2018)
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム トロロッソ・ホンダ 発売中
執筆者 Scott Mitchell