ハートレー「鈴鹿のF1ファンほどの熱意を感じられる国はそう多くない」

シェア
コメント
ハートレー「鈴鹿のF1ファンほどの熱意を感じられる国はそう多くない」
2018/10/05 4:20

鈴鹿を訪れるファンからのサポートを受けたハートレーは、彼らは世界中でもそう多くはないほどに情熱的だと話した。

 トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーは、鈴鹿に向かう前に訪れたホンダのファクトリーで、F1プロジェクトにかける熱意を感じたという。また、鈴鹿を訪れるファンのサポートは”世界中でもそう多くない”ほどに情熱的なものだと語った。

 ロシアGPを終えたトロロッソの一行は、鈴鹿に向かう前に栃木県さくら市にあるホンダのファクトリーへ向かった。そこでハートレーは、ファクトリーのスタッフから歓迎を受け、F1のプロジェクトに対する熱意を感じることができたという。

「ソチから直接日本へ来て、ホンダがレースに関する開発を行うさくらに向かった。僕らはこれまでも、ロードカーなどをはじめとして様々なファクトリーを訪れたことがある」

「本当にたくさんの人々に会って、信じられないほど僕たちを歓迎してくれた。ホンダの人たちはこのプロジェクトに関してとても情熱的で、今週末はそれを感じている。パドックの周りでもトロロッソ・ホンダには多くのサポートがあるだろう」

「僕は日本に来るのが大好きだ。食事も文化も本当に好きなんだ。ホンダにとっては非常に忙しい週末だけど、こういったサポートを受けることができ、ホンダを支える情熱を見ることもできて、本当に信じられないほど素晴らしい」

 昨年までWEC(世界耐久選手権)に出場していたハートレーだが、今年はF1ドライバーとして日本へやってきた。彼にとっては、鈴鹿を訪れるファンと駅やホテルなどで出会ったことや、そのファンの人たちのF1にかける情熱が印象的だったようだ。

「特にホンダのパワーユニットを使う僕たちにとっては、今週末はたくさんのサポートを受けることができるだろう」

「昨日でさえ、僕らを待っていたファンの人たちと一緒に駅を歩いていたんだ。ファンからこのようなサポートや情熱を感じ取れる国は、世界でもそう多くない。もし僕がニュージーランドに帰っても、僕に会いに来るファンがいるとは期待できないかもしれないね」

「飛行機や電車でホテルに到着した時や、朝食を食べに行く時、常にファンの人たちがいて、F1をサポートして、F1の一部に加わろうとしている。そういう点では、本当に素晴らしいよ」

次の F1 ニュース
ルノーとマクラーレン、台風による潤滑油の到着遅れで早朝作業を実施

前の記事

ルノーとマクラーレン、台風による潤滑油の到着遅れで早朝作業を実施

次の記事

”最後の鈴鹿”をじっくり噛みしめるアロンソ「鈴鹿はすべてが特別」

”最後の鈴鹿”をじっくり噛みしめるアロンソ「鈴鹿はすべてが特別」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント 日本GP
記事タイプ 速報ニュース