F1
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .

アルボンは未来の1流F1ドライバー! フランツ・トスト、ルーキーの走りを高く評価

シェア
コメント
アルボンは未来の1流F1ドライバー! フランツ・トスト、ルーキーの走りを高く評価
執筆:
2019/04/06 3:43

トロロッソ・ホンダのフランツ・トストはルーキーのアレクサンダー・アルボンはF1で成功するドライバーになると確信していると話した。

 今季F1デビューを果たしたトロロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボン。彼は今年2月にSTR13のシェイクダウンを行うまで、F1マシンを運転した事が無かった。

 しかし、そのルーキードライバーが、開幕戦オーストラリアGPと第2戦バーレーンGP共に、チームメイトのダニール・クビアトを予選で打ち負かしているのだ。

 そのアルボンのF1初ポイント獲得は、バーレーンGPでの9位フィニッシュとなった。

「最初に行ったテストから、我々は驚くほど良い印象を受けていた」

 トロロッソのチーム代表であるフランツ・トストはアルボンについて、motorsport.comにそう語った。

「アルボンは本当に良い仕事をしている。そして、アルボンがそれを続けたなら、彼は非常に成功したF1ドライバーになると、言わざるを得ない」

「彼の強みはマシンコントロールの部分だ……今までのところはね。そして、うまくいけば今回のような結果となる。彼はクラッシュしていないんだ」

「それから、彼の技術的な理解もそうだ。アルボンはとても良いフィードバックをするし、それは経験豊富なクビアトと、正確に一致するんだ」

「そして、アルボンはタイヤについても理解力がある。私が思うに、彼は既にF2でそれを学んでいた筈だ。F2ではタイヤを労って、より良く扱う必要があるからだ」

 バーレーンGPでは、ルノーのダブルリタイアというアクシデントが、アルボンのポイント獲得を助けたものの、トストはアルボンが予選で不運に見舞われていたことも有り、この結果は当然のものだと考えている。

「彼は非常に良いレースをした。予選ではフロントウイングの破損という不運もあったが、もしそれが無ければ、アルボンはトップ10以内のグリッドを獲得していたと確信しているよ」

「アルボンはまずまずのスタートを切って、そしてその後のレースでは、何も大きな問題は発生しなかった」

「彼はタイヤを上手く管理していた。だから、9位は当然のポジションだ。アルボンは素晴らしい仕事をして、そのタイヤでフィニッシュしたんだ」

「3人のルーキードライバーはF1に相応しいと言わざるを得ない。アルボンは素晴らしい仕事をしているし、(ランド)ノリスと、(ジョージ)ラッセルも同様だね」

次の記事
ルクレール失速は”前例のない”回路のショートが原因。PUは再利用可能か

前の記事

ルクレール失速は”前例のない”回路のショートが原因。PUは再利用可能か

次の記事

レッドブル、セットアップ改善に希望の光? スペインGPまでに空力修正へ

レッドブル、セットアップ改善に希望の光? スペインGPまでに空力修正へ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー アレクサンダー アルボン
チーム トロロッソ・ホンダ 発売中
執筆者 Adam Cooper