F1界全体から、チャーリー・ホワイティングの死去を惜しむ声

2019年のF1シーズン開幕直前に死去した、F1レースディレクターのチャーリー・ホワイティング。その突然の訃報に、各方面から様々な反応が集まっている。

F1界全体から、チャーリー・ホワイティングの死去を惜しむ声

 FIAは木曜日、F1レースディレクターのチャーリー・ホワイティングが肺血栓塞栓症で死去したことを明らかにした。66歳だった。

 この突然の訃報を受け、多くのF1関係者がソーシャルメディアなどに悲しみのコメントを投稿している。

 F1のスポーティングディレクターを務めるロス・ブラウンは、次のように語った。

「私のレースでのキャリアを通じて、彼のことをよく知っている。我々は共にメカニックとして働き、友人となり、世界中のサーキットで時間を共にした」

「このとても悲しいニュースを聞いた時、大きな悲しみに包まれた」

「私は悲しみに打ちひしがれている。個人的にだけではなく、F1界全体、FIA、そしてモータースポーツ全体にとっても、大きな損失だと言えるだろう。我々の想いは、彼の家族と共にある」

 メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフも、ホワイティングの死去にコメントを寄せた。

「今朝、チャーリーが亡くなったというニュースを聞いて、私はショックを受けて悲しんだ。彼は、我々F1ファミリーの柱だった。彼のアプローチによってバランスが取れていた」

「彼は我々のスポーツの素晴らしいアンバサダーであり、その利益を守ってくれる存在だった。彼に出会えて幸運だった我々全員、彼が会った時に浮かべる笑顔と、穏やかなユーモアを恋しく思うだろう」

「メルセデスのモータースポーツファミリーを代表して、彼の家族や友人たちに、最も深い哀悼の念を送りたい」

 レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表も、悲しみのコメントを発表している。

「チャーリー・ホワイティングが昨夜亡くなったという悲劇的な知らせを聞いて、私は深く悲しんでいる」

「チャーリーはこのF1というスポーツにおいて、重要な役割を果たしてきた。彼は長年にわたって、レースディレクターとして審判役を務め、理性的な声を発し続けてきた」

「彼は非常に誠実な人であり、バランスを取りながら困難な役割を果たしてきた」

「アストンマーチン・レッドブル・レーシングの全員を代表して、彼の家族と友人たちに、心からのお悔やみを申し上げる」

「チャーリーはF1パドック、ひいてはモータースポーツ界全体にとって、失うのが惜しまれる偉大な人だった」

 この他、FIA会長のジャン・トッド始め、多くのF1関係者が、ホワイティングの逝去を惜しむコメントを、SNSで発信している。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

DAZN2ヵ月無料キャンペーン
DAZN × motorsport.com 「DAZN 2カ月無料キャンペーン」を3/14〜17にかけて実施!

シェア
コメント
マクラーレンもタバコ広告禁止に配慮。BATのロゴをセブンイレブンに置き換え

前の記事

マクラーレンもタバコ広告禁止に配慮。BATのロゴをセブンイレブンに置き換え

次の記事

ついに開幕2019年のF1。DAZNの実況・解説・制作陣が意気込み

ついに開幕2019年のF1。DAZNの実況・解説・制作陣が意気込み
コメントを読み込む