F1 イギリスGP

RB角田裕毅、“予想外”のイギリスGP入賞に満足「今回は雨に感謝します!」一方でマシンの課題も認識

RBの角田裕毅は、イギリスGPでの入賞は“予想外”だったとして、雨絡みのレース展開に助けられた面もあると明かした。

Yuki Tsunoda, VCARB 01

Yuki Tsunoda, VCARB 01

写真:: Glenn Dunbar

 シルバーストン・サーキットで開催されたF1第12戦イギリスGP。RBの角田裕毅は10位入賞とポイントを獲得したが、角田曰くこの結果は“予想外”なのだという。

 というのもRBの今季マシンVCARB01が得意とするのは低速コーナー。高速のシルバーストンに最適とは言い難く、グランプリ初日には角田もそれを認めていたのだ。

 RBはドライ路面のフリー走行でもライバルからペースで劣ったことから、角田はイギリスGPで入賞できるとは考えていなかった。しかしレース中盤にかけて降り注いだ雨が後押しとなり、スリックタイヤを履いての”ちょい濡れ”路面で角田は躍動した。

 13番手からの出走となった角田は1週目に11番手までポジションアップ。RBはスリックタイヤからインターミディエイトタイヤへ、そしてインターミディエイトタイヤからスリックタイヤへと切り替える2度のピットストップのタイミングも正しく読み、角田は9番手に浮上した。

 レース終盤にはペースで勝るウイリアムズのアレクサンダー・アルボンに交わされ10番手に後退したものの、そのままチェッカーまでマシンを運び、チームに貴重な1ポイントを届けた。

「間違いなく満足しています。特に今週末のフリー走行から見て、ポイントを取れるとは思っていませんでした」

 角田はレース後、そう振り返った。

「レース後半は、バトルに関してもウイリアムズは全体的に速かったと思います。だから今回のレースでポジティブだったのは、前にいるマシンとのギャップを維持できたこと、あるいは縮められたことです」

「今シーズンはこれまで、あまり雨のコンディションに感謝していませんでしたが、今回のレースでは間違いなく感謝しています」

 また角田は、濡れた路面でのスリックタイヤでのペースは良かったと認め、イギリスでの好結果を後押ししたと語った。

 レース後半のスリックタイヤへ戻すという判断の難しさを尋ねられた角田は次のように答えた。

「難しかったです。エンジニアとのコミュニケーションはとても重要で、今後どれくらいの雨が予想されるのか……運も絡んできます。ストロール(ランス・ストロール/アストンマーティン)や後続のマシンは運に恵まれたと思いますが、今後に向けて学ぶことがあると思います」

「しかし同時に、雨のコンディションでもドライ用タイヤで良いペースがありました。それが大きなプラスになりました。僕自身としてはとてもハッピーです」

 なおRBは前戦オーストリアGP以降、新旧パッケージを織り交ぜたマシンを持ち込んでおり、イギリスGPで角田は旧型のフロアを使用して、マシン戦闘力を高めようとした。

 しかしそれでもシルバーストンでは全体的なマシンのダウンフォース、そして空力効率が足らなかったと角田は認めた。

「空力効率は最大のトピックですし、やはりストレートでも負けています」と角田は言う。

「例えばターン15(ストウ)は、基本的にダウンフォースが非常に重要なコーナーですが、そこでの差に驚かされました」

「ポイントを獲得できたのは良いことです。しかし同時に、コーナーでどれだけ差があるのか、ということを示しています。特に僕らは常にあるマシンの後ろを走っていましたが、タイヤのオーバーヒートはそれほどありませんでした」

「今後に向けて取り組むべきことは沢山あると思いますが、同時にここ3戦のコースはかなり高速コースだったと思います」

「次はハンガリーの低速コースへ向かうことになります。自分たちの強みを活かしてトップ10争いに戻れることを期待しています」

 

前の記事 久々勝利、しかも母国イギリスで……ルイス・ハミルトン感極まる「こういう自分に戻れるなんて……そう思えない日もあったんだ」
次の記事 ノリスが抱えるフラストレーション……戦略ミスでイギリスGP優勝逃す「自分たちの手で、チャンスをみすみす捨ててしまった」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本