角田裕毅、F1参戦2年目の前半戦は『10点中7点』と自己評価「僕とピエールのポイント差は小さい」

F1参戦2年目を迎えたアルファタウリの角田裕毅は、自身の2022年シーズン前半戦を振り返り、10点満点中7点という評価を下している。

角田裕毅、F1参戦2年目の前半戦は『10点中7点』と自己評価「僕とピエールのポイント差は小さい」
Listen to this article

 サマーブレーク前に行なわれたフランスGPでのインタビューで、アルファタウリの角田裕毅はF1参戦2年目となる2022年シーズンの前半戦を振り返り、ルーキーシーズンの同時期に下したモノより高い10点満点中7点という自己評価を与えた。昨年の5〜6点から7点に上がった理由は、経験による自信にあると語った。

「昨年までの経験を生かすことができたと思います」

 そう角田は言う。

「自分が何をしなくてはいけないのか、どうのようにレース週末へ挑むべきなのかということを分かっているのは、昨年に比べて間違いなくアドバンテージになっていると思います」

「同時に、昨年はかなり多くのことを経験して、最悪の出来事もありました。しかし、そこから立ち直ることができました」

「昨年とは違って、ほとんどのケースで冷静でいられました。それは大きな違いですね」

「レース週末ごとに、自分が何をしなければならないかは理解できています。それが最大の目標であり、重要なことです」

「昨年は何をすればいいのかよく分かっておらず、ただパフォーマンスを良くしなきゃと思っていました。でも、どうやってやるのか? フリー走行1回目から、全てのセッションで良いパフォーマンスを発揮するためには、異なる種類のテストみたいになってしまいます。(昨年は)そういうことを考えていなかったんです」

 アルファタウリでテクニカルディレクターを務めるジョディ・エギントンも、角田の自己評価に納得している。彼がエンジニアと共に仕事をする上で、この一年で大きな違いがあったと明かしている。

「彼は成長しているし、エンジニアとの関係も良好だ」

 そうエギントンは言う。

「私と落ち着いて話をしていても、彼はマシンに対してしっかりとした自分の意見を持っている。それは良いことで、彼が自分の意見を持って、理解し始めたということだ」

Yuki Tsunoda, AlphaTauri AT03

Yuki Tsunoda, AlphaTauri AT03

Photo by: Red Bull Content Pool

 角田は昨シーズンの前半戦で計18ポイントを獲得したが、マシンの信頼性トラブルによってチャンスを失ったこともあり、今シーズンは計11ポイントに留まっている。

 チームメイトのピエール・ガスリーも昨年の前半戦で計50ポイントを獲得していたのに対し、今年は計16ポイント。角田とガスリーのパフォーマンス差が縮まったものの、チーム全体としてペース不足や信頼性トラブルが顕著に現れているという状況だ。

「マシンからパフォーマンスを引き出すことに関しては、かなり満足しています」

 そう角田は言う。

「チームとして言えるのは、僕には信頼性トラブルが多かったということです。例えばサウジアラビアでは、フリー走行3回目と予選、決勝レースも走れませんでした。バーレーンではFP3を失い、ピエールもスペインでFP3を失っていました。あと、僕はアゼルバイジャンで7番手か6番手を走れていたんです」

 アゼルバイジャンGPでは、今季ここまでの自己最高位を狙えるレースだった。予選8番手から決勝レースでは6番手にジャンプアップしチェッカーを目指していたが、DRSフラップに亀裂が入り、ピットインを余儀なくされていた。

「色々なことがありましたが、全体的には満足しています」

 そう角田は続ける。

「僕とピエールでは、ポイント差は大きくないと思います。サウジアラビアとアゼルバイジャンで失ったモノを考えれば、同じくらいになるはずです。だから、僕は嬉しいです」

 
Read Also:

シェア
コメント
WMSC、F1ポーパシング対策のフロア規則変更を承認。ロールフープも変更し、安全性のさらなる向上へ
前の記事

WMSC、F1ポーパシング対策のフロア規則変更を承認。ロールフープも変更し、安全性のさらなる向上へ

次の記事

今季で引退ベッテル、F1に持続可能なグランプリ実現のための投資を求める「収益の一部を使い、環境に優しいイベントの実現を」

今季で引退ベッテル、F1に持続可能なグランプリ実現のための投資を求める「収益の一部を使い、環境に優しいイベントの実現を」