角田裕毅はガスリーに匹敵する速さを見せるはず……F2時所属チームオーナー語る

2021年にアルファタウリ・ホンダからF1デビューする角田裕毅について、F2時代の所属チームであるカーリンのオーナーであるトレバー・カーリンは、1年目からチームメイトのピエール・ガスリーを脅かすかもしれないと考えている。

角田裕毅はガスリーに匹敵する速さを見せるはず……F2時所属チームオーナー語る

 2020年はFIA F2参戦初年度にも関わらずランキング3位となり、アルファタウリ・ホンダのドライバーとして2021年にF1デビューを果たすことが決まった角田裕毅。F2時代の所属チームであるカーリンのオーナーであるトレバー・カーリンは、角田はF1での1年目から輝くと考えている。

Read Also:

「彼と共に仕事ができたことを、とても喜んでいる」

 そうカーリンは語った。

「彼は1シーズンしか我々のチームにいなかったが、我々が期待していた以上の仕事をしてくれた」

「彼がどの場所に行き着くのか、それは時間が教えてくれるだろう。しかし、彼の前には非常にエキサイティングな未来が待っていると思う。F1の環境に圧倒されない限り、ランド(ノリス/マクラーレン)がやっているのと同じことができない理由はない。しかも彼は、マックス(フェルスタッペン/レッドブル)と同じようなモノを持っている可能性すらある」

「学ぶ速さ、そしてマシンを理解する速さについては、彼は天性のモノを持っている。いずれの選手権でもそれを続け、調整するだけでいいはずだ」

「彼がF2を掴んだのと同じくらい早くF1に慣れることができるなら、ヨーロッパに戻れば、ピエールと互角の走りをするだろう」

 カーリンは、角田はノリスがF1デビューした時と同じくらい準備が整っていると語る。

「もちろんだ。疑いの余地はない」

 そうカーリンは言う。

「彼(角田)はランドに比べて、経験が少し不足している。しかし、速さとレーシングカーのドライビングに関する理解は既に手にしている。F1に行く準備は間違いなくできているよ」

「裕毅は、学ぶスピードがとても速い。F1では、F2の時よりも多くの練習ができる。これは彼の役に立つだろう。彼は新たなコースに行かなければならなかった。でも、スピードを上げるという点では、何も問題なかったようだ。例えば、ソチでも速かった」

「とても期待している。最初の数戦では苦労することもあるかもしれない。しかしその期間が一旦終わってしまえば、衝撃を与える可能性があることに気付くと思う」

Read Also:

シェア
コメント
【日本人F1ドライバーの系譜】美しきF1マシン:「最も悔しい、日本人の日本GP”4位”」B.A.R.ホンダ006

前の記事

【日本人F1ドライバーの系譜】美しきF1マシン:「最も悔しい、日本人の日本GP”4位”」B.A.R.ホンダ006

次の記事

motorsport.com日本版、“特集記事”人気ランキング! 年始のお供にいかが?

motorsport.com日本版、“特集記事”人気ランキング! 年始のお供にいかが?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1 , FIA F2
ドライバー 角田 裕毅
チーム アルファタウリ・ホンダ
執筆者 Marcus Simmons