角田裕毅、F1”1年生”最終戦は4位「アロンソのような”伝説の男”と戦えたのは楽しかった」

角田裕毅は、2021年のF1最終戦アブダビGPを4位でフィニッシュ。課題だったスタートをうまく決め、ボッタスやアロンソとのバトルも楽しんだ……最高の形でデビューシーズンを締めくくった。

角田裕毅、F1”1年生”最終戦は4位「アロンソのような”伝説の男”と戦えたのは楽しかった」
Listen to this article

 アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、F1デビューイヤー最終戦のアブダビGPを4位でフィニッシュ。自己最高位更新、そして予選・決勝共にチームメイトを上回るという最高の形で1年目を締めくくった。

 今季F1デビューを果たした角田は、開幕戦バーレーンGPで印象的な活躍を見せ、高い評価を得た。しかしその後はミスが続くなど低迷。チームメイトのピエール・ガスリーが表彰台を含むめざましい結果を残す中、差をつけられる格好となっていた。

 しかしシーズンが進むに連れて角田のパフォーマンスは向上、終盤戦では予選Q3進出の常連となっていた。決勝でも、入賞にはなかなか届かなかったが、メルセデスのルイス・ハミルトンを抑え込むなど、印象的なシーンも見せるようになった。

 角田のレースでの課題は、スタートだった。前戦サウジアラビアGPでは、スタート直後にエステバン・オコン(アルピーヌ)と接触してポジションを落とした……それ以外のレースでも、スタート直後にポジションを落とすことが多かった。

 ただアブダビGPでは1周目にメルセデスのバルテリ・ボッタスをオーバーテイクしてポジションを上げ、レース中にはフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)をバトルの末に下した。そしてレース終盤のセーフティカーが明けた後にはボッタスを改めて抜いて4位。3位のカルロス・サインツJr.(フェラーリ)とは0.5秒差……表彰台まであと一歩だった。

「とても嬉しいです」

 角田はレース後のインタビューで、motorsport.comにそう語った。

「今回はスタートが良かったです。これまでは、悪いスタートを切ってしまうことが多かったです。この3〜4レースでは、いつも1周目に3つか4つのポジションを失ってしまっていました。そしてスタートをうまく決められたことが、今日の僕の重要なポイントになりました」

「今日はスタートを改善することができました。1周目にひとつポジションを上げられた。それが今日のレースのポイントで、4位を手にできたのだと思います。ペースはかなり良く、最終ラップではソフトタイヤを履いて、ボッタスを抜くこともできました」

 なおレース中、バーチャル・セーフティカーのタイミングを活かしポジションを上げたフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)と、激しいバトルを繰り広げるシーンもあった。一時はアロンソに先行されるも、角田はその後、再び抜き返したのだ。

 このアロンソとのバトルについて、角田は次のように語る。

「正直に言って、彼は完全にコースから外れたと思う。だから、彼は僕にすぐにポジションを返すべきでした」

 そう角田は言った。

「でも彼はそうしなかったから、僕はオーバーテイクするしかなかったんです。でもとにかく、彼のような伝説的なドライバーと戦うのは、楽しかったです」

 最高の形でシーズンを締めくくった角田。真価が問われる来季、どんな活躍を見せるかに注目が集まる。

 
Read Also:

シェア
コメント
オワード、ご褒美テストでF1に”病みつき”「予想していた10倍はクレイジーなクルマだった!」
前の記事

オワード、ご褒美テストでF1に”病みつき”「予想していた10倍はクレイジーなクルマだった!」

次の記事

マクラーレン、ノリスのランキング6位を悔しがる「5位を獲れる良い位置にいたのに……」

マクラーレン、ノリスのランキング6位を悔しがる「5位を獲れる良い位置にいたのに……」
コメントを読み込む