ジョルジョ・ピオラ【F1メカ解説】
トピックス

ジョルジョ・ピオラ【F1メカ解説】

F1メカ解説|トルコGP木曜日ピットレーン直送便。特別カラーのおかげで、レッドブルRB16Bの細部が見えた!?

2年連続の開催となったF1トルコGP。このレースは今シーズンの16戦目ということになるが、シーズン終盤になっても各チームがアップデートを持ち込んでいる。

F1メカ解説|トルコGP木曜日ピットレーン直送便。特別カラーのおかげで、レッドブルRB16Bの細部が見えた!?

左右の矢印をクリックすると、次の写真をご覧いただけます。

アストンマーチンAMR21 フロントウイング
アストンマーチンAMR21 フロントウイング
1/13

写真:: Giorgio Piola

アストンマーチンのメカニックが、フロントウイングにケーブルを這わせている。これは、翼端板付近に取り付けられた鉄塔のような計測装置によってデータを収集するためのモノだ。
アストンマーチンAMR21 フロントウイング
アストンマーチンAMR21 フロントウイング
2/13

写真:: Giorgio Piola

アストンマーチンのフロントウイングには、左右の翼端板付近に鉄塔のような計測装置を取り付けている。これはフリー走行のみで様々なデータを収集するためのものである。計測装置をこの位置に取り付けているということは、フロントウイングとフロントタイヤ、そしてフロントサスペンション付近を流れる気流を計測するためのモノだと思われる。
フェラーリSF21 リヤブレーキドラム&データ計測用センサー
フェラーリSF21 リヤブレーキドラム&データ計測用センサー
3/13

写真:: Giorgio Piola

フェラーリもフリー走行1回目に向け、計測装置をマシンに装着。これはリヤタイヤの後ろに取り付けられていて、ディフューザーから排出される気流、そしてリヤタイヤによって乱される気流を計測している。空気の流れに沿うような形で角度が付けられているのがよく分かる。
メルセデスW12 エンジンカウル内部
メルセデスW12 エンジンカウル内部
4/13

写真:: Uncredited

サイドポッドとエンジンのカウルが取り外された、メルセデスW12。カウルに存在する膨らみの部分に、インレットプレナムが存在しているのが分かる。
レッドブルRB16B フロア
レッドブルRB16B フロア
5/13

写真:: Uncredited

レッドブルのメカニックが運ぶ、RB16Bのフロア。メカニックが手にしているのが、コクピットの真下に当たる部分である。また今季のレギュレーション変更により、左右の幅が縮められた後半部分の空力処理がよく分かる。
マクラーレンMCL35M リヤウイング
マクラーレンMCL35M リヤウイング
6/13

写真:: Giorgio Piola

マクラーレンはMCL35Mに、ハイダウンフォース仕様のリヤウイングを搭載。その前方には、上下2段になったTウイングも存在している。イスタンブールパーク・サーキットでは高速で回り込むターン8があるため、大きなダウンフォースを生み出したいのだ。
レッドブルRB16B バージボード
レッドブルRB16B バージボード
7/13

写真:: Giorgio Piola

今回、日本GP特別カラーリングをまとったレッドブルRB16B。このホワイトベースのカラーリングにより、そのサイドポッドウイングにどのような切り欠きが設けられているのか、それを視認しやすくなっている。
アルファタウリAT02 エンジンカウル内部
アルファタウリAT02 エンジンカウル内部
8/13

写真:: Giorgio Piola

エンジンカウルが取り外されたアルファタウリのAT02。パワーユニットの上に乗せられた、サドルスタイルと呼ばれる冷却装置をよく観察することができる。
レッドブルRB16B リヤビュー
レッドブルRB16B リヤビュー
9/13

写真:: Andy Hone / Motorsport Images

レッドブルのリヤウイングには、今季限りでF1活動を終了させるホンダへの感謝を表す「ありがとう」の文字が、日本語で大きく入れられている。そのリヤウイングは、翼端板付近が薄いスプーン形状になっており、しっかりとダウンフォースを発生させつつも、極力空気抵抗を削ぎ落とす形になってる。またリヤの冷却用開口部も、小さめになっている。
レッドブルRB16B リヤウイング翼端板
レッドブルRB16B リヤウイング翼端板
10/13

写真:: Andy Hone / Motorsport Images

レッドブルRB16Bのリヤウイング翼端板を斜め後方から観察。上部後端には階段状の切り欠きが存在し、後方にできる空気の渦の方向・形状を制御している。また、側面には気流を上向きに導くためのストレーキと、クランクのように曲がりくねったルーバーが存在。また翼端板下部には垂直の切り欠きが設けられ、ここで気流を外向きに変化させている。
メルセデスW12 フロントバルクヘッド
メルセデスW12 フロントバルクヘッド
11/13

写真:: Uncredited

メルセデスW12のモノコックに内包されたサスペンションエレメントをじっくり観察することができる。
メルセデスW12 フロントブレーキドラム
メルセデスW12 フロントブレーキドラム
12/13

写真:: Uncredited

ドラムカバーが取り外された、メルセデスW12のフロントブレーキ。ブレーキダクトから、各所に気流を導く配管のレイアウトを観察することができる。この気流は、ブレーキの冷却だけでなく、空力パフォーマンス向上にも存分に活用されている。
レッドブルRB16B ノーズ
レッドブルRB16B ノーズ
13/13

写真:: Giorgio Piola

レッドブルRB16Bのノーズのクローズアップ。ケープ(黒いパーツ)の前端付近、ノーズ側面に開けられた開口部は、Sダクト用の空気取り入れ口である。
 

Read Also:

シェア
コメント
F1メディカルカーのクルーが新型コロナ陽性。トルコGPには参加できず
前の記事

F1メディカルカーのクルーが新型コロナ陽性。トルコGPには参加できず

次の記事

幻のF1日本GPに思いを馳せ……我々も“ありがとう”の気持ち、伝えます! レッドブル・ホンダ、角田裕毅らのグッズをプレゼント

幻のF1日本GPに思いを馳せ……我々も“ありがとう”の気持ち、伝えます! レッドブル・ホンダ、角田裕毅らのグッズをプレゼント
コメントを読み込む