F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
18 days
23 10月
次のセッションまで……
32 days
31 10月
次のセッションまで……
40 days

9年ぶり復活のF1トルコGP、わずか6時間で4万枚以上のチケットを販売

シェア
コメント
9年ぶり復活のF1トルコGP、わずか6時間で4万枚以上のチケットを販売
執筆:

F1トルコGPの主催者は、チケットが発売されてからわずか6時間で4万枚以上が販売されたことを発表した。

 2011年を最後に開催されていなかったF1トルコGPだが、今季は9年ぶりにF1カレンダーに帰ってきた。コロナ禍の影響で大きくカレンダーが再編されたことで、イスタンブール・パークで久々にF1が開催されることになったのだ。

 プロモーターである『Intercity』会長のヴラル・アクは、先月の記者会見でレースへの観客動員を目指しており、11月15日の決勝当日はトラックの最大動員数22万人の半分弱にあたる10万人の観客を動員したいと語った。

Read Also:

 このイベントのチケットは期間限定で1日30トルコリラ(約420円)に設定されたこともあり、チケットの売れ行きはかなり好調だったようだ。

 Intercityの発表によると販売開始1時間で1万枚、販売開始6時間で4万枚以上のチケットが売れたという。

 アクは、10万人の動員という目標を達成できると確信しているようだ。

「通常の状況なら、フルキャパシティを埋めるつもりだったが、新型コロナウイルスの影響でそれは不可能だ」と、アクは話した。

「我々はこのスポーツに情熱を傾けており、熱意をもって取り組んでいる。ご存知の通り新型コロナウイルスの影響もあるため、10万人の動員を期待している」

 アクは、新型コロナウイルスの感染が急増し、計画の変更を余儀なくされる可能性もあるものの、対策プロトコルの導入によって、イベントを無事開催できると確信していると語った。

「我々はあらゆる準備をしておかなければならない」

「この病気の状況が現在よりも悪化した場合、無観客でレースを行なうこともできる。しかし、我々はこのコースのキャパシティを知っている。グランドスタンドとオープンエリアで(通常なら)約22万人がレースを見ることができるんだ」

「現時点では、安全上の理由で一部のセクションを閉鎖し、約10万人がソーシャルディスタンスの規則に従って、レースを観戦できると考えている」

Read Also:

あわや? 再スタート時、ブレーキから白煙を上げたハミルトン。その原因は……

前の記事

あわや? 再スタート時、ブレーキから白煙を上げたハミルトン。その原因は……

次の記事

レーシングポイント、ロシアGPまで時間との戦い? 2台分のアップグレードを用意できるか

レーシングポイント、ロシアGPまで時間との戦い? 2台分のアップグレードを用意できるか
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Abdullah Çelik