F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
01 時間
:
00
:
48
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
7 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
21 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
35 days

鈴鹿に近付く台風19号。FIA「サーキットやJAFと連携して、対処の準備を」

シェア
コメント
鈴鹿に近付く台風19号。FIA「サーキットやJAFと連携して、対処の準備を」
執筆:
2019/10/09 23:49

日本列島に接近中の”猛烈な”台風19号。鈴鹿サーキットで開催されるF1日本GPもその影響を受ける可能性があるが、F1は混乱が生じることのないように準備を進めている。

 大型で猛烈な勢力を保ちながら日本列島に接近しつつある台風19号。今週末に三重県の鈴鹿サーキットで行われる予定のF1日本GPも、この影響を受ける可能性がある。

 台風の正確な進路はまだ定かではないが、現在の予報によれば、鈴鹿は土曜日に悪天候に見舞われる可能性が高いと見られている。台風19号は大型であり、勢力を維持したまま日本列島に近付くとみられていて、もしこの影響が鈴鹿にも及ぶことになれば、日本GPのスケジュールは変更を余儀なくされることになるだろう。

 2004年には、台風接近の影響により、土曜日のスケジュールが全て中止になったことがある。この時は予選を日曜朝に延期し、いわゆる”ワンデー開催”としてグランプリを行なった。

 FIAに今回の件を尋ねると、気象状況を注意深く監視し、サーキット主催者や日本自動車連盟(JAF)、F1などと密に連携し、何らかの行動を起こす必要があるかどうか、そしてスケジュールの変更を行うべきかどうかを確認すると語った。

次の記事
マクラーレンへのPU供給にはリスクも? メルセデス代表「でも準備はできている」

前の記事

マクラーレンへのPU供給にはリスクも? メルセデス代表「でも準備はできている」

次の記事

「チームの利益が最優先」ルクレール、ベッテルとの“内紛”を自制?

「チームの利益が最優先」ルクレール、ベッテルとの“内紛”を自制?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第17戦日本GP
執筆者 Jonathan Noble