F1
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
12 days

F1にとって良くない! ハース代表、タイヤの”影響力”の大きさを懸念

シェア
コメント
F1にとって良くない! ハース代表、タイヤの”影響力”の大きさを懸念
執筆:
2019/05/07 3:01

ハースのギュンター・シュタイナー代表は、タイヤがF1チームの勢力図に大きな影響を与えているのは正しいことではないと考えている。

 ハースのチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、ピレリだけが悪いわけではないものの、タイヤがF1チームの序列に大きな影響を与えているのは、F1にとって適切なことではないと主張した。

 今季ハースが使用するマシンVF-19は、基本的なペースは優れているものの、タイヤのウォームアップに問題を抱えており、開幕4レースを終えてケビン・マグヌッセンが1度ポイントを獲得しただけで終わっている。

 シュタイナーは『VF-19はタイヤを機能させる上で最悪に近い』とすらコメントしているが、前戦アゼルバイジャンGPでタイヤに苦労したのはハースだけではなかった。

「誰もが、タイヤに問題を抱えている」と、シュタイナーは語った。

「多かれ少なかれ、誰もがそれ(タイヤ)に苦しんでいる。我々には素晴らしいクルマがあるのに、とても残念だ」

「我々はタイヤが機能するかどうか、毎回話すべきではないのだ。それは興味深いことだが、『タイヤを機能させることができましたか?』と訊かれて、『はい、だから私は速かったんです』と答えたり、『僕のタイヤは機能しませんでした。だから遅かったんです』と答えるなんて、”F1”ではない。」

「我々はマシンを開発するために莫大なお金を費やしている。それなのにタイヤを機能させることができなければ、うまく走ることはできないんだ」

「単にピレリを責めているのではない。一部のチームはタイヤをうまく使えているのだから、我々にも責任はある。だが概して、それは正しいことではない。レースの後に、タイヤが機能したかどうかなんて話はされるべきではない」

 ピレリは昨年、オーバーヒートやブリスターを防ぐためにスペインGP、フランスGP、イギリスGPにトレッド面が薄くなったタイヤを持ち込んだ。ハースは、このうち2レースでマグヌッセンが6位に入賞するなど結果を残した。

 このタイヤが今季は全戦で使用されているが、ロマン・グロージャンはそれがハースが抱えるウォームアップの問題に影響を及ぼしていると示唆した。

 バクーでシュタイナーはグロージャンの主張に同意し、リヤタイヤのウォーマーの最高設定温度が100℃から80℃に引き下げられたことも、要因のひとつだと説明した。

「タイヤの構造は(2018年までと)異なる。トレッドの厚さが違うんだ。彼ら(ピレリ)は昨年3レースだけトレッドの薄いタイヤを使った。そのタイヤは、内部に熱を蓄えにくい。我々にとっては、助けにならないんだ」

「そして、我々はタイヤを昨年と同じだけ加熱することが許されていない。そういった全てのことが、タイヤを機能させる上で手助けになっていないのだ」

次の記事
F1は金曜の走行をやめるべき? トロロッソ・ホンダのクビアトが主張

前の記事

F1は金曜の走行をやめるべき? トロロッソ・ホンダのクビアトが主張

次の記事

F1昇格に黄色信号? F2参戦中のデ・フリーズ、マクラーレン育成から外れていた

F1昇格に黄色信号? F2参戦中のデ・フリーズ、マクラーレン育成から外れていた
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム ハースF1チーム
執筆者 Valentin Khorounzhiy