F1チームの技術力を活かせ! コロナで不足する人工呼吸器製造をサポート

イギリスを拠点とするF1チームは、英政府やその他の組織と協力し、新型コロナウイルス感染拡大に伴う人工呼吸器不足への対処に取り組んでいるようだ。

F1チームの技術力を活かせ! コロナで不足する人工呼吸器製造をサポート

 イギリスに拠点を置く7つのF1チームは、イギリス政府やその他の組織と協力し、新型コロナウイルスの影響で不足している人工呼吸器の供給に取り組んでいるようだ。

 3月15日(月)、イギリス政府は人工呼吸器またはそのコンポーネントの供給を支援できる可能性のある企業に支援要請を行なった。F1チームも、この取り組みに参加し専門知識を提供するよう求められている。多くのF1チームメンバーが工学を学んだユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)および附属病院と連携することが検討されているようだ。

 研究のための資金を提供するイノベートUK、学術界とテクノロジービジネスを結びつける組織であるハイ・バリュー・マニュファクチャリング・カタパルトも、この取り組みに関与している。

 F1は声明で次のように述べている。

「英国を拠点とするF1チーム、エンジンメーカー、およびそれぞれの技術組織は、英国政府の支援要請に応えて、人工呼吸器の製造に対するサポートを評価している」

「チームはF1や英国政府、およびその他の組織と協力して、コロナウイルス患者の治療を支援する医療機器を製造、または製造をサポートするチームの実現可能性を確かめている」

「すべてのチームはデザインや生産能力、ラピッドプロトタイピング、高付加価値製造に関して専門知識を持っている。政府が設定したニーズに合致すると予想される」

「イノベートUKやハイ・バリュー・マニュファクチャリング・カタパルト、UCLおよびその附属病院の他にも、航空宇宙や自動車関連のメーカーおよび組織と連携して、チームは多くの手法を評価している」

「この作業は急速に進んでおり、今後数日で具体的な結果を生み出すことが期待されている」

 ロールス・ロイスやジャガー・ランドローバー、エアバスなども政府からアプローチを受けたようだ。

 政府の統計によると、NHS(イギリスの国民保健サービス)には現在、成人用人工呼吸器が5000人分、子ども用900人分が備蓄されているという。

 

Read Also:

シェア
コメント
開幕延期のF1、eスポーツ・バーチャルGPで代替戦を実施

前の記事

開幕延期のF1、eスポーツ・バーチャルGPで代替戦を実施

次の記事

ハミルトン、F1初テストで見せた”大器”の片鱗。デ・ラ・ロサが当時を振り返る

ハミルトン、F1初テストで見せた”大器”の片鱗。デ・ラ・ロサが当時を振り返る
コメントを読み込む