バンドーン、初日は”キャリア最悪”「アロンソとの差は説明できない」

シェア
コメント
バンドーン、初日は”キャリア最悪”「アロンソとの差は説明できない」
Pablo Elizalde
執筆: Pablo Elizalde
翻訳:: 松本 和己
2018/07/21 1:15

マクラーレンのバンドーンは、ドイツGPの初日はキャリア最悪の金曜日だったと話し、なぜマシンを機能させられなかったか分からないという。

Stoffel Vandoorne, McLaren
Fernando Alonso, McLaren MCL33
Fernando Alonso, McLaren MCL33
Fernando Alonso, McLaren MCL33
Fernando Alonso, McLaren MCL33
Stoffel Vandoorne, McLaren, speaks with an engineer
Fernando Alonso, McLaren

 ドイツGP初日、2度のフリー走行で最下位となったマクラーレンのストフェル・バンドーンは、マシンを機能させられず”キャリア最悪の金曜日”となったと話した。

 2週間前のイギリスGPで困難な週末を過ごした後、バンドーンはホッケンハイムでもマシンに苦しむことになった。午前と午後、両方のセッションでアロンソから大きく遅れ、20番手に終わった。

 バンドーンは、自分が望むようにマシンを機能させられなかった理由を説明できないと認めた。

「僕のキャリアの中で、最悪の金曜日だった」とバンドーンは語った。

「今朝(FP1)はマシンに新しいパーツを乗せて、空力のテストをたくさんやった。僕たちは、少し良くなったことを理解しようとしたんだ」

「午後も難しいセッションだった。僕たちは、シルバーストンで抱えたのと同じような問題に見舞われた」

「現時点では、どうやってマシンを通常の状態に戻すことができるのかという疑問がある。シルバーストンと同じ状況なんだ」

「マシンを機能させるやり方を理解していない。僕たちは解決策を見つける必要がある」

 バンドーンは、フリー走行でのアロンソとのラップタイム差は”信じられない”と主張した。

「アロンソとの差が0.6秒もあるのは、あり得ない。僕は最後まで最後尾だった。僕たちが大きな問題を抱えているのは分かっているが、マシンを正常な状態にする方法は分からない」

「今夜、たくさんの調査を行う。明日(土曜日)、マシンの多くのパーツを交換して、マシンを正常な状態に戻す方法を理解しようとするのは間違いない」

 アロンソはFP2を17番手で終えたが、チームはこの日を新しいパーツのテストに当てていたこともあり、マクラーレンのパフォーマンスを反映したものではないと予想している。

「テストをしていたため、おそらく最終結果には妥協がある」とアロンソは話した。

「ここ数レースでは金曜日に速さがあり、コンマ2、3秒で多くのポジションを失ったり、得たりする状況だった。今回、金曜日は後方に沈んだが、土曜日にそれが変わることを願っている」

次の F1 ニュース
”ガスリーへの罰則は厳しすぎた”王者ふたりも英国GPの裁定に疑問

前の記事

”ガスリーへの罰則は厳しすぎた”王者ふたりも英国GPの裁定に疑問

次の記事

ザウバー代表はライコネンのチーム復帰に前向き「重要なのはパフォーマンス」

ザウバー代表はライコネンのチーム復帰に前向き「重要なのはパフォーマンス」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント ドイツGP
ロケーション ホッケンハイム
ドライバー フェルナンド アロンソ 発売中 , ストフェル バンドーン
チーム マクラーレン 発売中
執筆者 Pablo Elizalde
記事タイプ 速報ニュース