「来季F1残留の可能性は少なくなっている」バンドーン認める

シェア
コメント
「来季F1残留の可能性は少なくなっている」バンドーン認める
Edd Straw
執筆: Edd Straw
2018/09/13 23:50

ストフェル・バンドーンは、マクラーレンから離脱することが決まった後、来季のF1シートを確保できる可能性が非常に少なくなっていると認める。

 マクラーレンはイタリアGP直後、来季カルロス・サインツJr.のチームメイトとして新人のランド・ノリスを起用することを明らかにした。これによりシートを失う形となったストフェル・バンドーンは、まだ2019年のF1シート獲得を諦めていないものの、その可能性が非常に少なくなっていることも認める。

 マクラーレン・レーシングのCEOであるザク・ブラウンは、トロロッソに対して”バンドーンと契約するべきだ”と語った。またザウバー入りの可能性も指摘されたこともある。

「ドライバーマーケットは、この数週間で少し変わった。そして、シートはほとんど毎日のように埋まっていっている」

 そうバンドーンは語った。

「来年のF1グリッドにいるチャンスは、非常に小さい。でも全てが決まるまで話し続け、シートを得るために努力し続けなきゃいけない」

「それが、今の僕にできるすべてのことだ」

 バンドーンは、マクラーレン離脱が決まって以来、複数のチームと交渉を行ったことを認める。しかしF1が最優先である一方で、他のカテゴリーのレースも選択肢に入っているという。

「確かに多くの話があった。それはF1だけじゃなかった」

 そうバンドーンは語った。

「現時点では、いくつか他のシリーズのことも探っている。今後数週間で、もっと多くのことが分かることを願っている」

「F1のすべてのシートが埋まるまで、すべての可能性を開いたままにしておく必要がある」

「来年に向けて、可能性があるいくつかの興味深いプロジェクトがある。でも現時点では(契約を)何もしておらず、僕はまだフリーエージェントだ」

 バンドーンは他のカテゴリーへの興味について詳しくは語らなかったが、インディ500が魅力的なレースであると感じていることは認めた。

「インディ500は、特別なチャンスであると言っておこう」

 そうバンドーンは語る。

「ロバート(ウィケンス)に起きたことなど、時には常に魅力的なわけじゃない」

 今年のポコノ戦で大クラッシュし、重篤な怪我を負ったウィケンスの例を挙げ、バンドーンはそう語った。

「(インディ500は)間違いなく、世界最大のイベントのひとつだ。僕はそれを戦うチャンスがあると思うし、勝利を争うことができれば、それはとても特別なことだと思う」

「しかし、多くのリスクが存在しているのも事実だ。そのリスクを受け入れるために、準備できなければいけない」

 バンドーンは、レギュラーシートを得ることができなくとも、サードドライバーまたはリザーブドライバーに就任することができるなら、その選択肢も否定していない。その場合には、並行して別のカテゴリーに参戦することになりそうだ。

「F1チームに参加できるのは良いことだ」

 レギュラードライバー以外の役割を務めることについて尋ねられたバンドーンは、motorsport.comに対してそう語った。

「現時点では、レースシートを見つけることに集中している。それがF1にあるのか、それともF1以外なのか、僕にはまだ分からない」

「メインのプログラムがあり、レースドライバーとしてのチャンスがないなら、F1チームと何らかの形で関係し続けるのは良いことだと思う」

次の F1 ニュース
フェラーリ、シンガポールGPに”疑惑”の冷却装置を投入

前の記事

フェラーリ、シンガポールGPに”疑惑”の冷却装置を投入

次の記事

ライコネンのザウバー移籍は驚き? 当然? ドライバーたちの様々な反応

ライコネンのザウバー移籍は驚き? 当然? ドライバーたちの様々な反応
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ストフェル バンドーン
チーム マクラーレン 発売中
執筆者 Edd Straw
記事タイプ 速報ニュース