F1
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月

“予測不可能”なF1に嫌気? バンドーン、フォーミュラEに活路見出す

シェア
コメント
“予測不可能”なF1に嫌気? バンドーン、フォーミュラEに活路見出す
執筆:
協力: Federico Faturos
2019/02/05 8:03

元F1ドライバーのストフェル・バンドーンは、自らの潜在能力を発揮できないままF1を離れることとなったが、現在参戦中のフォーミュラEを楽しんでいるようだ。

 2015年にはGP2チャンピオンを獲得し、2016年にはスーパーフォーミュラで2勝を挙げたストフェル・バンドーンは2017年からF1フル参戦。戦闘力の低いマクラーレンで2シーズンにわたって参戦したが印象的な活躍を残すことができず、チームメイトのフェルナンド・アロンソをパフォーマンスで上回ることができなかった。

 過去2度のワールドチャンピオンに輝いたアロンソがチームメイトであったことを不利に感じたかどうか尋ねられたバンドーンは、motorsport.comにこう答えた。

「言葉にするのは難しい。過ぎた事は変えられないし、マクラーレンで過ごした日々に後悔はしていない」

「全てが順調だった以前と比べて、マクラーレンでの2年間はキャリア最高の瞬間とは言えなかった。でもそれが僕を強くしてくれた」

「自分自身ではコントロールできないこともたくさんあった。でもそれは成長のために必要なことだった」

 そんな彼は現在、HWAチームからフォーミュラEに参戦している。

「今僕は全く異なる環境にいて、個人的にとても楽しんでいる」

「ドライバー同士の付き合いやパドック内の政治的な面でもとてもリラックスできる環境だ」

 そんなバンドーンは、今シーズンの3ラウンドを終えて予選ではしばしば好グリッドを獲得しながらも、決勝では未だポイント獲得に至っていない。

 バンドーンは今年、メルセデスF1のシミュレーター作業も担当する予定ではあるが、彼は“長期的な”フォーミュラEキャリアを見据えていると思われる。

「F1の世界は予測不可能だ」と彼は言った。

「本来そこにいるべきドライバーが残れずに、本来そこにいるべきでないドライバーが残り続ける。そういう意味でF1は予測できない世界だ」

「僕はF1に、是が非でも戻ろうとは思わない」

次の記事
「ホンダとのコラボはF1だけにあらず」レッドブル重鎮、F3挑戦角田に高評価

前の記事

「ホンダとのコラボはF1だけにあらず」レッドブル重鎮、F3挑戦角田に高評価

次の記事

アゼルバイジャンGP、F1開催契約を2023年まで延長

アゼルバイジャンGP、F1開催契約を2023年まで延長
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1 , フォーミュラE
ドライバー ストフェル バンドーン
執筆者 Scott Mitchell