F1 日本GP

引く手数多のバンドーン、来季WECとフォーミュラEに並行フル参戦もアストンマーチンF1でのリザーブ継続を望む

ストフェル・バンドーンは、既に多忙を極めているスケジュールに来季プジョーのWECプログラムが加わっても、アストンマーチンF1でのリザーブとしての役割を継続したいと語った。

Stoffel Vandoorne, Aston Martin F1 Team

 来季、プジョーから世界耐久選手権(WEC)ハイパーカークラスに出場するストフェル・バンドーン。今季はフォーミュラEへ参戦する傍らアストンマーチンF1でリザーブドライバーを務めておりスケジュールは既に過密だが、来季もF1のリザーブは継続できると彼は考えている。

 バンドーンは今年、アストンマーチンのもうひとりのリザーブドライバーであるフェリペ・ドルゴビッチと仕事を分担し、フォーミュラEのカレンダーに合わせた形でグランプリに参加している。

 バンドーンはシミュレータ作業を行なうだけでなく、今年はスパ・フランコルシャンで行なわれたピレリのタイヤテストにも参加。そこでAMR23をコース上で試す初めての機会を得た。

 しかし来季はフォーミュラEと平行してWECの全日程をこなすことになるため、バンドーンがアストンマーチンのためにグランプリへ帯同する機会は減るだろう。

 それでもバンドーンはアストンマーチンに貢献ができると考えているようだ。

「もちろん、かなり忙しくなるし、1年で回れる日数は限られている」

 バンドーンはmotorsport.comにそう語った。

「でも、アストンと関わりを持つことはまだ可能だと思う。関係者全員のマネジメントが必要だし、優先すべきことは何か、僕の都合がどうかをみんながよく理解している必要がある」

「みんなが同じ考えを持っている限り、それは可能だ。何よりも自分次第だけど、僕の時間をどこに割くか、また飛行機に乗っている時間も長いから、移動全体とエネルギーをどう管理するかという点で、全ての関係者と明確なコンセンサスを持っていることが重要だ」

「それ(移動による疲れ)がレースに影響しないようにしているんだ」

 バンドーンのスケジュールが有利に働く場合もある。例えば、来年はフォーミュラE東京ePrixの翌週に、春開催へ変更となったF1日本GPが執り行なわれる予定となっている。

#94 PEUGEOT TOTALENERGIES Peugeot 9X8 Hybrid Hypercar of Loic Duval, Gustavo Menezes, Stoffel Vandoorne

#94 PEUGEOT TOTALENERGIES Peugeot 9X8 Hybrid Hypercar of Loic Duval, Gustavo Menezes, Stoffel Vandoorne

Photo by: JEP

「適切な地域にいれば、上手く(スケジュールに)フィットするレースもある」とバンドーンは言う。

「そして完全に別大陸でのレースになる場合もある。それはあんまり良くないね」

「僕が避けたいのは、ある大陸から別の大陸へ行って無駄に多くのエネルギーを費やすことだ」

 来季のF1は全24戦の開催を予定しており、チームは常に複数のリザーブドライバーを確保しておく必要に迫られている。また、リザーブドライバーが他のシリーズでレースの感覚を維持していることが有益だとバンドーンは理解している。

「アストンマーチンには僕とフェリペがいる」とバンドーンは言う。

「僕らはふたりで、必要に応じて役割を分けている。24戦全てに参加して、何もドライブしないなんてことはしたくない」

「もし飛び乗る必要があるなら、どんな準備ができるだろうか? レーシングドライバーとしてまだレースをしておく必要があるし、ドライブする必要がある。それがベストな準備手段だ」

「アストンマーチンはそのことを理解しているし、感覚を養い、飛び乗る準備をするためにはレースをしなければいけないということも理解してくれている。その点は良いことだと思う」

 先日のWEC富士6時間レースでは代役としてプジョーからハイパーカーデビューを果たしたバンドーン。来季のフルタイム参戦に向けて期待を口にした。

「2019年にSMPレーシングから初めてWECに挑戦して以来、僕はずっとWECのファンなんだ」とバンドーンは言う。

「そして最高峰クラスに参戦するメーカーから復帰することを常に望んでいた。スポーツカーレースで素晴らしい歴史を持つプジョーと一緒になれたことを嬉しく思う」

「特にスポーツカーレースがこれほどまでに成長し注目されている時代に、その一翼を担えるのは素晴らしいことだ。最も楽しみにしているレースのひとつはル・マンで、特別なイベントだ。あのレースで優勝を争える日が来ると良いな!」

 

前の記事 フェラーリ、タイヤマネジメントの弱点は解消した? ランキング2位を争うメルセデス、優位性失ったと懸念
次の記事 稀代の天才デザイナー、エイドリアン・ニューウェイをもってしても、今季の安定性は驚き「過去にも素晴らしいマシンに携わったが、最大の成功だ」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本