メキシコGPでのバンドーンのパフォーマンスを、マクラーレンが称賛

シェア
コメント
メキシコGPでのバンドーンのパフォーマンスを、マクラーレンが称賛
Jonathan Noble
執筆: Jonathan Noble
2018/10/30 0:08

ミスを全く犯さずに1ストップの戦略を成功させ、メキシコGPで8位に入ったストフェル・バンドーンについて、マクラーレンが称賛している。

 今季厳しいシーズンを過ごしてきたストフェル・バンドーン。その結果、今シーズン限りでF1シートを失うこととなってしまい、シーズン終了以降はフォーミュラEに参戦することが決まっている。

 しかしバンドーンは、メキシコでは完璧な走りを披露した。2スティント目に履いたスーパーソフトタイヤでミスなく57周を走りきり、アゼルバイジャンGP以来のポイントを手にしたのだ。

 バンドーンのレースエンジニアであるトム・ストラードは、そのレース中のパフォーマンスをツイッター上で称賛。バンドーンは特に、タイヤの激しい性能劣化(デグラデーション)に見舞われていたにもかかわらず、ミスを犯さなかったことを褒めた。

 ストラードはバンドーンの走行中の写真を示しながら、次のように語った。

「左フロントタイヤの内側は、滑らかに見える。それは、トレッド面のゴムが完全に磨耗したからだ。このようなタイヤを機能させるのは、とても印象的だ」

 

 バンドーン自身によれば、今回のドライビングは特別なものではなかったという。彼曰く、過去のレースでもパフォーマンス自体は良かったものの、入賞できなかったため注目されなかったというのだ。

「ここ数戦の中にも、同じように良いレースがいくつかあったと思う。入賞していたら、誰もが気付いただろう」

 そうバンドーンは語った。

「1周目以降のパフォーマンスには満足している。僕らは最後尾だったから、大きく挽回しなければいけなかったんだ。そのあと、色んなことがどう進行していったか……それについてとても満足している」

「コース上ではいくつかの良いオーバーテイクをした。最終的にはタイヤが危機的な状況を迎えたけど、僕らはアタックすべき時にアタックした」

 バンドーン曰く、F1での最後の数戦を楽しむことができているという。

「僕にとっては素晴らしい結果だ。でも、チームにとっても素晴らしい結果だろう」

 そうバンドーンは語った。

「コンストラクターズ選手権にとっては、とても重要なことだ。今僕は、最後の数戦を楽しむつもりだ」

 

次の記事
F1日本GP無線交信集:ハミルトン「このコースはサイコーだ!」

前の記事

F1日本GP無線交信集:ハミルトン「このコースはサイコーだ!」

次の記事

メルセデスの”F3のような”パフォーマンスは、リヤホイールとは関係なし!?

メルセデスの”F3のような”パフォーマンスは、リヤホイールとは関係なし!?
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント メキシコGP
ドライバー ストフェル バンドーン
チーム マクラーレン 発売中
執筆者 Jonathan Noble
記事タイプ 速報ニュース