F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
9 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
16 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
30 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
44 days

アルファロメオ代表、マシンの“劇的な”進歩を実感。後半戦の目標はマクラーレン?

シェア
コメント
アルファロメオ代表、マシンの“劇的な”進歩を実感。後半戦の目標はマクラーレン?
執筆:
2019/08/26 3:14

アルファロメオ代表のフレデリック・バスールは、マシンが“劇的に”改善してきていると感じている。

 アルファロメオは今季、ベテランのキミ・ライコネンと”フル参戦”ルーキーのアントニオ・ジョビナッツィというコンビでシーズンを迎えた。開幕当初はそれほど高い戦闘力を発揮することはなかったが、第9戦オーストリアGPでは2台が揃って予選Q3に進出するなど、徐々にそのパフォーマンスを上げてきている。

 チーム代表のフレデリック・バスールは次のように語った。

「パフォーマンスレベルの向上に焦点を当てている」

「我々は昨年から劇的に改善した。昨年は(トップから)2.5秒も遅かったんだ。今では1.5秒から1.2秒といったところだ」

「それは我々にとって非常に大きなことだ。今後はそれをポイントに還元していく必要があるが、少なくともパフォーマンスの観点からは大きな進歩を遂げたと思う」

 2018年からアルファロメオ、そして親会社であるフィアットの資本が入り始めたことにより、ザウバーを母体とするこのチームは順調に進化を遂げていると言える。2017年の半ばにチームに加入したバスールは、2020年に向けた準備が今後の鍵になってくると語った。

「我々は昨年から今季の初めまでの間で少し後退してしまっていた」

「シーズン序盤というよりも、シーズン途中、5月くらいと言った方が正しいかもしれないが、とにかく我々は難しい時期を過ごしていた」

「それは進歩するための時間だったんだと思う。1カ月ずっとパフォーマンスが横ばいという時もあれば、一夜にして大きな進歩を遂げることもあるんだ」

「もっと大きな視野で物事を見る必要がある。昨年のどこか一部を切り取って比較してはいけないんだ」

「全体的に(パフォーマンスが)1〜1.5%向上していると言える。これは非常に大きなものだ。次のステップはおそらく、翌シーズンに向けてもう少し準備を整えることだ」

 3強を除いた中団チームの争いではマクラーレンが一歩抜け出した印象ではあるが、5番手以下の争いは未だ白熱している。現状12レースを終えて7番手のアルファロメオ(32ポイント)は、5番手のトロロッソ(43ポイント)を追いかけている。トロロッソは雨で大波乱となった第11戦ドイツGPでダニール・クビアトが3位、アレクサンダー・アルボンが6位に入り、23ポイントを荒稼ぎした。

「我々は特定のトラックだけ他チームより速い。ただ、そういった傾向は少しずつ変わりつつある」とバスールは語った。

「この方向性で取り組み続けなければいけない。どこかの段階で(進歩の度合い)が横一線になると思っている」

「ここ数レースの予選と決勝では、マクラーレンとルノーの前に立ったり、すぐ後ろにいたり……少なくとも近くにはいた。我々は彼らと戦わなければいけないんだ」

次の記事
ライバルたちは、タイヤのせいにしすぎ……マクラーレンの将来への”自信”

前の記事

ライバルたちは、タイヤのせいにしすぎ……マクラーレンの将来への”自信”

次の記事

ラッセル、自身の将来を焦らずも「メルセデスに昇格する準備はできている」

ラッセル、自身の将来を焦らずも「メルセデスに昇格する準備はできている」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム Alfa Romeo
執筆者 Scott Mitchell