F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
23 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
37 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
65 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
72 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
86 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
100 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
107 days
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
121 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
128 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
142 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
156 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
184 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
191 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
205 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
212 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
226 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
240 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
247 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
261 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
275 days

パニックになる必要はないが……レースペースに苦しむアルファロメオ

シェア
コメント
パニックになる必要はないが……レースペースに苦しむアルファロメオ
執筆:
2019/10/20 22:39

アルファロメオF1チームの代表であるフレデリック・バスールは、レースペースでは苦しんでいるものの予選では力強さを発揮できていることから、「パニックになる必要はない」と語る。

 鈴鹿サーキットで行われたF1日本GPの予選で、アルファロメオのアントニオ・ジョビナッツィは11番手となり、惜しくもQ3進出を逃した。しかしレースでは、ジョビナッツィとチームメイトのキミ・ライコネンは共に最初の2スティントでペースを欠き、ポジションを落とすことになった。

Read Also:

 彼らは最終的に14位と16位でフィニッシュ。ライコネンは、レースペースが本来あるべきレベルではなかったと認めている。

 夏休み明け以降、アルファロメオは低いパフォーマンスに悩まされている。ジョビナッツィはイタリアで9位、シンガポールで10位に入りポイントを獲得したものの、ライコネンは無得点レースが続いている。ただチーム代表のフレデリック・バスールは、予選ではまずまずのパフォーマンスを発揮できていることが、いくらかの励ましになると語る。

「パニックになる必要はない」

 そうバスール代表はmotorsport.comに対して語った。

「毎回異なるシナリオになっている。もし予選で1秒遅れてしまえば、とても心配するだろう。でも、そうはなっていない。レースではマネジメントに苦労しているかもしれない。しかし、予選でのペースを見出すよりも、レースでのペースを見つけることの方が簡単なのだ」

「例えばスパ(ベルギーGP)では、ターン1を5番手で通過した。モンツァ(イタリアGP)ではQ3に進出できた。0.1秒の違いで、状況が完全に異なっているように感じてしまう……そのことには、常に注意すべきだ」

「おそらく我々は、予選では7〜8番目のチームというポジションから、遅れてしまうことになった。でも、これは0.1秒の違いだ。おそらく0.1秒改善することができれば、もっと良い仕事ができるはずだ」

「鈴鹿の予選は問題なかった。中団グループの中にいたし、ルノーやレーシングポイントの前にいたんだ。アントニオは、Q3進出まで0.1秒というところにいた」

 バスール代表は、チームがまだ、ピレリタイヤをレースでマネジメントする方法について、理解を進めている段階だと認める。

「何が悪いのかを知るのは難しい。我々はレースで一貫性を保つのに苦労しており、それが直近のレースでの問題だったと思う」

「鈴鹿でのレースの前半は、最悪な状況だった。まあ、“最悪”は少し言い過ぎかもしれないが、とても大変だったのは確かだ。しかしソフトタイヤを履いた最後のスティントでは、ペースを取り戻すことができた。非常に強力なスティントを戦ったんだが、既に手遅れだった」

「レースペースは1秒の遅れだった。ルノーは良い例だった。彼らは予選ではまるでダメだった。しかしレースでは、とても良い仕事をしたんだ。レーシングポイントも、予選では我々の後ろにいたのに、レースではずっと速くなったんだ」

「結論を導き出すのには慎重にならなければいけない。しかし純粋なペースの問題ではなく、異なるコンパウンドのタイヤを履いた時の一貫性に関する問題だと思う」

「コースのレイアウトや路面温度によって、正しい作動領域に入る時も、入らない時もあるんだ」

Read Also:

次の記事
災い転じて……F1日本GPをきっかけに、予選・決勝同日開催の議論が加速

前の記事

災い転じて……F1日本GPをきっかけに、予選・決勝同日開催の議論が加速

次の記事

グロージャン、F1の放映スタイルに警鐘。上位ばかり映すのは“セクシー”ではない?

グロージャン、F1の放映スタイルに警鐘。上位ばかり映すのは“セクシー”ではない?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム Alfa Romeo
執筆者 Adam Cooper