F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
49 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
63 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
77 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
91 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
98 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
112 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
126 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
133 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
147 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
154 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
168 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
182 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
210 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
217 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
231 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
238 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
252 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
266 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
273 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
287 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
301 days

”ザウバー”からアルファロメオへ、チーム再建は続く「満足はできないが楽観的」

シェア
コメント
”ザウバー”からアルファロメオへ、チーム再建は続く「満足はできないが楽観的」
執筆:
2019/12/24 23:24

アルファロメオF1チームのフレデリック・バスール代表は、アルファロメオとの提携を進める上で、ペーター・ザウバーに相談したと明かした。

 2017年シーズン途中からザウバーF1チームの代表となったフレデリック・バスールは、チーム再建を目指してアルファロメオとの提携を進める上で、チーム創設者のペーター・ザウバーに電話をかけていたと明かした。

 1993年からF1に参戦したザウバーF1チームだが、2016年途中から資金難が深刻化。ザウバー本人は全ての業務から引退し、チームの立て直しが進められていった。

 2018年からはアルファロメオがタイトルスポンサーを務め、チーム名が『アルファロメオ・ザウバーF1チーム』に変更された。2019年にはアルファロメオとの関係が深まり、『アルファロメオ・レーシング』としてエントリー。組織の買収や譲渡は無く、マシン名もザウバー伝統の命名ルールに従い『C38』と名付けられたものの、ザウバーの名前がチーム名から消えることとなった。

 アルファロメオ・レーシングとしての1年目を終え、バスールはザウバーの名をなくしたことに対する反発は心配していなかったとmotorsport.comに語った。

「全く心配はなかった。アルファロメオと話していた時、私が最初に電話をしたのがペーターだったからだ」

「ペーターの反応は私にとって重要だった。彼は『チームにとって良い前進だと君が感じるなら、やってみよう。私は賛成だ』と言ってくれた。それは我々にとって重要な一歩だった」

「アルファロメオとは長期契約だ。中長期的な見方を持っていなければ、何かを構築することはできない。3カ月のプロジェクトで何かを築くことはできないんだ」

 2019年シーズンの前半はキミ・ライコネンが定期的にポイントを獲得していたが、夏休み後は勢いを失い、4戦連続でノーポイントとなるなどコンストラクターズランキング8位に終わった。

 アルファロメオとの提携を解消し、ラインアップを一新するのではないかと噂されたこともあったが、2020年もフェラーリ育成ドライバーであるアントニオ・ジョビナッツィとライコネンのコンビを継続した。

 バスールは、コンストラクターズランキングこそ8位で変わらなかったものの、2018年よりも多くのポイントを獲得しているため、依然として改善の兆候が見えていると主張した。

「昨年の我々は、得られるポイントはほぼ全て獲れたと思う」

「今季は少し異なり、我々はいくつかチャンスを逃した。それでも、最終的には昨年よりも多くのポイントを獲得してシーズンを終えた。それは良い前進だ。ペースに関しては、トップチームに対して0.7%の改善を果たした。これは大きい」

「これに完全に満足することはできない。もっと多くの改善をする必要がある。しかし、楽観的に考えることはできると思う」

Read Also:

次の記事
ホンダF1、さらなる飛躍を目指して……PUの2チーム供給体制の”洗練”を狙う

前の記事

ホンダF1、さらなる飛躍を目指して……PUの2チーム供給体制の”洗練”を狙う

次の記事

女性ドライバーがF1の育成プログラムに入る日も近い? フェラーリ代表が言及

女性ドライバーがF1の育成プログラムに入る日も近い? フェラーリ代表が言及
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム Alfa Romeo
執筆者 Scott Mitchell