アルボンのレッドブル残留は”賢明”な選択。フェルスタッペン「彼はチームの一員」

マックス・フェルスタッペンは、レッドブルがアレクサンダー・アルボンを来季も継続起用することを決めたのは、最も賢明な選択だったと話した。

アルボンのレッドブル残留は”賢明”な選択。フェルスタッペン「彼はチームの一員」

 レッドブルは2020年のドライバーとして、アレクサンダー・アルボンを起用することを決めた。引き続きアルボンのチームメイトを務めることになったマックス・フェルスタッペンは、アルボン起用は賢明な選択だと話した。

 今季、トロロッソからF1デビューしアルボンは、レッドブルで苦戦が続いていたピエール・ガスリーと入れ替わる形で、夏休み後からレッドブルへと昇格することとなった。

 アルボンはレッドブル昇格後7レース連続でトップ6入賞を果たし、ベストリザルトは4位。ブラジルGPではガスリーが2位表彰台を手にして注目を集めているが、アルボンもハミルトンに接触されスピンするまでは、フェルスタッペンに次ぐ2番手のポジションを走っていた。本来ならば2位表彰台は、アルボンのものだったかもしれない……。

 フェルスタッペンはアルボンについて、ブラジルGP前に次のように語っていた。

「彼はナイスガイだ。彼にとって、この12カ月間はジェットコースターみたいだったと思う!」

「彼は速いし、良い仕事をしてポイントを稼いでいる。彼はとてもリラックスしていて、チームの一員だ。落ち着いているのが助けになっている」

 レッドブルには、トロロッソからガスリーやダニール・クビアトを呼び戻すという選択肢もあったが、フェルスタッペンはレッドブルのドライバーについて関与することに興味がなかったと述べた。

「結局のところ、彼のパフォーマンスを判断するのは僕じゃないんだ」

「決めたのはクリスチャン(ホーナー/チーム代表)とヘルムート(マルコ/モータースポーツアドバイザー)だ」

 アルボンは、レッドブルのレギュラーシートを勝ち獲ったことは、”クレイジー”なキャリアにおけるもうひとつの大きな出来事だったと話した。

「ハンガリーGP後に(レッドブル昇格の)決定を聞いた時点で、その見通しは本当に不透明だったんだ」と、アルボンは語った。

「でも、”何か”をやって見せることはできると思っていたし、率直に言ってかなり満足できるレースもできたと思う」

「来季の残留を知らせる電話を受け取った時は、本当に気持ちが良かった」

 アルボンは、5位でフィニッシュしたアメリカGPの後、マルコからの短い電話でレッドブル残留を知ったという。

「彼(マルコ)は、アメリカGPのレースに満足してくれて、ただ『君は”それ”を手に入れた』とだけ言ったんだ」

「詳細は全くなかったし、電話はそれほど長くもなかった。僕がとても感謝したのは言うまでもないけどね!」

 レッドブル残留に驚いたのか、それとも薄々自覚はあったのかと訊くと、彼は次のように答えた。

「その決定がいつ行われるか分からなかった。僕はただ自分のレースのことを考え、自分の進歩に満足できるようにしていた」

「僕はただ、自分が進歩しているということを示そうとしていた。将来に関する決定があることは分かっていたけど、そのストレスがあったとは思っていない」

Read Also:

シェア
コメント
【ギャラリー】互いの思いが交錯する瞬間……F1における同士討ちの歴史を振り返る

前の記事

【ギャラリー】互いの思いが交錯する瞬間……F1における同士討ちの歴史を振り返る

次の記事

ハース初表彰台を奪った”謎のトラブル”。シュタイナー代表「訳が分からない」と憤慨

ハース初表彰台を奪った”謎のトラブル”。シュタイナー代表「訳が分からない」と憤慨
コメントを読み込む