ルクレールの動きは”無謀”。1周目リタイアのフェルスタッペン落胆

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、サクヒールGPの1周目にリタイアする原因となったフェラーリのシャルル・ルクレールのターン4での動きを”無謀”だったと語った。

ルクレールの動きは”無謀”。1周目リタイアのフェルスタッペン落胆

 レーシングポイントのセルジオ・ペレスが優勝するという、大波乱の結末となったF1サクヒールGP。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは1周目にリタイアすることになった。

 3番グリッドからレースをスタートさせたフェルスタッペンは、フェラーリのシャルル・ルクレール、レーシングポイントのセルジオ・ペレスと、1周目からポジションを争った。

 しかしターン4でルクレールは、フェルスタッペンのイン側を狙った。これはうまくいかず、ルクレールはホイールをロックアップさせてペレスにぶつかり、両車スピン……フェルスタッペンはこれを避けようとしたが、グラベルエリアに飛び込んでコントロールを失ってしまい、ウォールにクラッシュすることになった。

 ペレスは直後にピットストップして最後尾まで落ちたものの、その後ポジションを上げてなんと優勝。しかしフェルスタッペンとルクレールは、1周目でレースを終えることになった。

「スタートは悪くなかった。でももちろん、バルテリ(ボッタス/メルセデス)が進路を阻んできた。これは通常のことだから、僕は減速しなければいけなかった」

 そうフェルスタッペンは説明した。

「そこからは、マシンとマシンの隙間で、生き残りを賭けることになった。なぜ彼らがあんなに攻撃的で無謀だったのかは分からない。僕らは常に、戦いの最前線にいる。そして今日は3台のマシンがその犠牲となり、そのうち2台は酷いダメージを受けた」

「なぜシャルルが、ターン4であんな風にイン側に飛び込んだのか分からない。特にブレーキングをあんなに遅らせた意味が、僕にはよく分からないんだ」

「チェコ(ペレス)はイン側で何が起きているのかを目にすることができなかった。ルクレールは基本的にはホイールをロックさせてしまって、アンダーステアの状態で彼(ペレス)に突っ込んでいった」

「チェコがスピンして後ろを向いてしまっている時、僕はマシンにダメージを受けないように、コーナーの外側を回ろうとした。でも、そこでできることは何もなかった」

 ルクレールは、ペレスがボッタスを抜くためにアウト側に行くと思ったため、イン側に進路を取ったと説明した。

「僕は5番手であったと思う。そして、マックスに少し遅れていたけど、サイド・バイ・サイドになっていた。そしてターン4で彼を抜こうとしたんだ」

 そうルクレールは語った。

「チェコのことは見えた。でも僕は、彼がバルテリの外を回り、そこに留まると思っていた。でも彼はイン側に戻ってきてしまい、そこに僕がいたんだ」

「減速するには遅すぎた。それはチェコのミスじゃないし、彼を責めるつもりはない。今日の一件で責任があるなら、それは僕だ」

「でも責任があるというよりは、運が悪かったと言うべきだと思う」

 

Read Also:

シェア
コメント
ルクレール、1周目のクラッシュでペナルティ。最終戦アブダビGPで3グリッド降格
前の記事

ルクレール、1周目のクラッシュでペナルティ。最終戦アブダビGPで3グリッド降格

次の記事

初優勝のチャンスをトラブルで失ったラッセル、“超”落胆。「本当にキツかった……」

初優勝のチャンスをトラブルで失ったラッセル、“超”落胆。「本当にキツかった……」
コメントを読み込む