オコン、笑いながら「僕の方が速かった」……フェルスタッペン激昂の理由

シェア
コメント
オコン、笑いながら「僕の方が速かった」……フェルスタッペン激昂の理由
Charles Bradley
執筆: Charles Bradley
2018/11/14 6:48

マックス・フェルスタッペンがオランダのテレビ番組に出演。ブラジルGPレース後に激昂し、エステバン・オコンを突き飛ばした理由について語った。

 レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、ブラジルGPのレース後にエステバン・オコン(フォースインディア)を突き飛ばすこととなった理由を説明。オコンが笑顔で「僕の方が速かった」と発言したため、手を出してしまったと語った。

 すでに多く報じられている通り、ブラジルGPの決勝レースでは、リードラップに戻ろうとしたオコンが、先頭を行くフェルスタッペンを抜こうとした際に接触が起き、2台が揃ってスピンするという事件が発生した。これでフェルスタッペンは勝利を失い、オコンには10秒のストップ&ゴーペナルティが科せられた。

 この件に納得のいかないフェルスタッペンが、レース後にFIAのガレージでオコンに詰め寄った。そして、複数回にわたってオコンを突き飛ばしてしまった。この責任を問われ、フェルスタッペンには”社会奉仕2日間”の罰則が科せられている。

 フェルスタッペンは月曜日の夕方に、オランダのテレビ番組に出演。オコンの不真面目な態度により、突き飛ばすという行動に発展してしまったと語った。

「後で言うのは、いつでも簡単なことだ」

 レース後の騒動について後悔しているかと尋ねられたフェルスタッペンは、そう語った。

「僕はただ、彼を探して、そして『何が起きたのか? どうしてこういうことが起きるのか?』ということを尋ねたかったんだ」

「でも彼は、すぐにこう答えた。『僕は君より速かった』とね。彼は笑みを浮かべて、そう答えたんだ」

「貢献してくれた僕のメカニックたちのためにも(騒動を起こして失格などの処分を受けないよう)、できる限りポジティブでいようとした。でもこの2位が正しい結果だとは思わない。そしてその後、起きたことに謝罪せず、全く別の形で反応する、彼のような人に会うことになるんだ」

「彼はF1ではずっと、ポジションを争うライバルではなかった。僕は、集中すべき相手に集中しているだけだ。そして、素晴らしい才能を持っているドライバーを倒そうとしている」

次の記事
FIA、予選中の車重計測ルールについて「変更の必要なし」と断言

前の記事

FIA、予選中の車重計測ルールについて「変更の必要なし」と断言

次の記事

元F1ドライバーのハーバート、来季のレッドブル・ホンダに期待

元F1ドライバーのハーバート、来季のレッドブル・ホンダに期待
Load comments