フェルスタッペン、サンパウロGP”ターン4事件”の状況を説明「もっとステアリングを切っていたらスピンしたはず」

レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、F1サンパウロGPの48周目にルイス・ハミルトン(メルセデス)と共にターン4でコースオフした際、もっとステアリングを左に切っていればコースオフを避けられたという指摘を否定する。

フェルスタッペン、サンパウロGP”ターン4事件”の状況を説明「もっとステアリングを切っていたらスピンしたはず」

 F1サンパウロGP決勝48周目のターン4で、首位を争うレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンとメルセデスのルイス・ハミルトンが揃ってコースオフするというシーンがあった。これについてフェルスタッペンには、もっとステアリングを切っていれば、コースオフを避けることができたはずだという指摘もあり、メルセデスは再審議を要求している。しかしフェルスタッペンはこの指摘に反論し、もっとステアリングを切っていたらスピンしたはずだと主張している。

 サンパウロGPでは、首位を走るフェルスタッペンに、後方から猛烈な勢いで追い上げてきたハミルトンが接近し、プレッシャーをかけるという展開になった。そして48周目、ハミルトンがフェルスタッペンに並びかけたが、フェルスタッペンがターン4でワイドに膨らんでしまう……そしてハミルトンも、これを避けるためにやはりコース外を走らざるを得なかった。

 当時サンパウロGPのスチュワードは、審議の必要はないと判断したが、レース後にフェルスタッペンのオンボードカメラ映像が公開されると状況が一変。メルセデスは再審議を行なうよう求めた。

 当該の映像を見ると、フェルスタッペンはコースオフする前の段階で、十分にステアリングを切っていないようにも見える。

 フェルスタッペンは”事件”当時の状況が再び起きた場合、同じことをするかと尋ねられると、次のように語った。

「ドライバーとして僕らは、マシンで何ができるか、そして何ができないかを正確に知っていると思う」

 そうフェルスタッペンは語った。

「僕らは激しく争っていて、そのコーナーへのブレーキングを遅らせた。タイヤはかなり消耗していた。もっと急激に左に曲がろうとしていたら、僕はただコースからスピンアウトしていたはずだ」

「僕らはドライバーなんだ。僕らはマシンを、しっかりとコントロールしようとしている」

 フェルスタッペン曰く、オンオード映像を見直してはいなものの、それがただ激しいレースだったという意見は変わっていないと語った。

「僕はマシンをドライブしていたんだからね。映像を見る必要はないよ」

 そうフェルスタッペンは語った。

「僕は何が起きたのか、正確に理解している」

「そして前にも言ったように、それは素晴らしい戦いだったと思うし、とても楽しかった」

「結局彼らがレースに勝った。十分にフェアだと思うよ。彼らは僕らよりも速かった。でも、とにかく良い戦いだった」

 フェルスタッペンは、今季のタイトル争いが激化していく中、メルセデスが問題を掘り下げることを選らんだことについては、驚きではないと語った。

「同じチームのふたりがタイトルを争うのではなく、別のチームの間のふたりでチャンピオン争いが行なわれている時には当然のことだと思う」

 再審議の結果、フェルスタッペンのドライビングに非があったと認められた場合には、ペナルティが科される可能性もある。しかしフェルスタッペン自身は、ペナルティを受ける可能性については心配していないと語る。

「僕はそれについて、考えてすらいない」

 そうフェルスタッペンは語った。

「でも、もし、もし何かがあったとしても、それで世界が終わるわけじゃない」

「激しいけどフェアなレースだったと思っている。チャンピオンを争うふたりのドライバーの間でね。だから、そう(ペナルティが科されることに)なるとは思わない」

 

Read Also:

シェア
コメント
初開催カタールGP、オーバーテイクはできる? カタール側責任者は「トレインにはならない」と自信
前の記事

初開催カタールGP、オーバーテイクはできる? カタール側責任者は「トレインにはならない」と自信

次の記事

FIA、メルセデスの再審議要求を受け入れるかどうかの決断を金曜日に延期

FIA、メルセデスの再審議要求を受け入れるかどうかの決断を金曜日に延期
コメントを読み込む