F1
03 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
10 7月
-
12 7月
イベントは終了しました
17 7月
-
19 7月
イベントは終了しました
31 7月
-
02 8月
イベントは終了しました
R
F1 70周年記念GP
07 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
2 days
14 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
9 days
28 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
23 days
R
イタリアGP
04 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
30 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
-
13 9月
次のセッションまで……
37 days
R
ロシアGP
25 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
51 days
R
アイフェルGP
09 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
65 days
R
ポルトガルGP
23 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
79 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
87 days

FIAとフェラーリの“和解”への抗議は続く。フェルスタッペン“公平なF1”を望む

シェア
コメント
FIAとフェラーリの“和解”への抗議は続く。フェルスタッペン“公平なF1”を望む
執筆:
協力: Alex Kalinauckas
2020/03/12 3:32

マックス・フェルスタッペンは、FIAとフェラーリの和解騒動について抗議を続けているレッドブルは、公平なF1を望んでいると語った。

 2019年シーズンのF1では、フェラーリのパワーユニット(PU)の合法性についての疑惑が持ち上がり、議論を呼んだ。しかし最終的にFIAとフェラーリが秘密の“和解”をしたことで、それに不満を持ったフェラーリPUを搭載しない7チームが共同声明を発表する事態に発展した。

 彼らはさらに追加で文書を作成し、これらの問題が違った方法で処理されるべきだとして、和解に至るまでの詳細を開示することを求めた。

 レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、フェラーリの不正疑惑が明るみに出たアメリカGPのレース後に、「彼らは不正をしていた」といった旨の発言をし、怒りをあらわにした。

 2020年の開幕戦オーストラリアGPを前にして、フェルスタッペンは改めてこの件についてコメント。レッドブルがフェラーリとFIAに回答を求めるのは、全てのチームが公平に扱われていることを確かめたいからだと語った。

「まあ、それはチームに任せるよ。もちろん、公平な戦いの場が整えられていることは誰にとっても重要だ。僕たちが望んでいるのはそれだけだし、それ以上言えることはないよ」

 一連の騒動を踏まえて、FIAを信頼できるかという質問が飛ぶと、フェルスタッペンはこう返した。

「そうだね……彼らは過去には、正しい選択をしてきたと思う。7チームとFIAの争いがどういった結論に至るのか見てみるしかないね」

 前述のように、フェラーリとFIAの和解騒動について抗議しているのは、フェラーリPUを搭載しない7チーム(メルセデス、レーシングポイント、ウイリアムズ、ルノー、マクラーレン、レッドブル、アルファタウリ)である。彼らは開幕戦の決勝まで、FIA会長のジャン・トッドに対し何らかの回答をするよう求めていた。

 イギリスのデイリー・メール紙は3月11日(水)に、トッドの回答の一部を抜粋する形で明らかにした。

 報告書にはこう記されている。

「3つの選択肢が存在した。その件に白黒はっきりつける、法廷闘争に持ち込む、そして和解を目指す……それらの決定はFIA会長に委ねられ、FIAの司法および懲戒規則に従うことになる」

「FIA会長は、この件に対処する最善の方法について同意を得るために、他の主要なFIA役員とF1のCEOに情報を提供し、相談した」

「FIA会長はまた、FIAの技術、司法、財務における各チーム、そして経験豊富な外部の弁護士からの助言を受けた」

 
 

Read Also:

レッドブル、メルセデスに先制攻撃。ブレーキダクトの”合法性”明確化を要求

前の記事

レッドブル、メルセデスに先制攻撃。ブレーキダクトの”合法性”明確化を要求

次の記事

新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため……豪州GPのTVメディアスクラムが中止

新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため……豪州GPのTVメディアスクラムが中止
コメントを読み込む