ホンダは約束を守ってくれる……フェルスタッペンが感じる、今季への期待

シェア
コメント
ホンダは約束を守ってくれる……フェルスタッペンが感じる、今季への期待
執筆:
2019/03/11 3:09

マックス・フェルスタッペンによれば、ホンダは冬の間に、約束したすべてのモノを作り上げたという。

 レッドブル・ホンダは合計8日間のバルセロナ合同テストで、順調に走行距離を重ね、信頼性に関する懸念はほとんど見られなかった。ただ、ピエール・ガスリーが2度のクラッシュを喫したため、その分の走行距離を失った。

 とはいえレッドブルとホンダはいずれも、そのパワーユニットの信頼性と初期のパフォーマンスに関して満足している様子だ。

 テストでの仕事は、当初期待したモノと比べてどうだったかと尋ねられたマックス・フェルスタッペンは、motorsport.comの独占インタビューに応じ、「彼らが約束したことは全て叶えられた。それについては満足している」と語った。

「ここ数年とは大きな違いがある。彼ら(ホンダ)はとてもオープンで正直だ。彼らは言ったことを必ずもたらしてくれる」

 フェルスタッペン曰く、ホンダの新しいエンジンは違いをすぐに感じられるモノだったという。そして大きな疑問点がないことは、とてもポジティブだと考えている。

「どう動くか、そしてスロットルのコントロールやシフトチェンジなど……それは全く異なるエンジンだ」

 そうフェルスタッペンは語った。

「それは異なる世界のようだった」

 フェルスタッペンは昨シーズン中、ルノーのパワーユニットについての不満を、度々チーム無線で叫んでいた。しかしホンダ製PUについては、高い評価を下している。

「これまでのところ、(ホンダのドライバビリティは)とても優れている。とてもスムーズに動いているんだ」

「もちろん、僕にはルノーPUを走らせた経験がある。そして今はこれ(ホンダ)だ」

「両方から、ポジティブなモノを感じ取ろうとしている。昨年だって、全てが悪かったわけじゃない。そこから何かを学び取り、そして自分の意見を共有しようとしている」

「彼らは、物事に取り組もうとしている。そして、おそらく改善できるということについての考えを伝える。それが本当に上手くいっていると思う」

 レッドブルは昨年、自チーム用のパワーユニットを思うようにテストベンチにかけられず、苦労した。なぜならレッドブルが使うオイルは、ルノーのワークスチームのそれとは異なっているからだ。

 フェルスタッペンは、ホンダの初期の目標を達成するための能力により、開発計画への自信を感じることができたと語る。

「彼らはテストベンチで多くの時間を費やした。僕らが以前やってきたのより、はるかに多くのことをね」

 そうフェルスタッペンは語った。

「それはポジティブなことだ」

「基本的に制限はない。彼らは勝つために全力を尽くしている。上手くいけば、今シーズン中にもね」

DAZN × motorsport.com 「DAZN 2カ月無料キャンペーン」を3/14〜17にかけて実施!

次の記事
MotoGPマシンに乗るのは僕の”夢”……ハミルトン、テスト実現を切望

前の記事

MotoGPマシンに乗るのは僕の”夢”……ハミルトン、テスト実現を切望

次の記事

F1開幕戦に向けて一言! デモラン会場でトロロッソ・ホンダのふたりに突撃インタビュー

F1開幕戦に向けて一言! デモラン会場でトロロッソ・ホンダのふたりに突撃インタビュー
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー マックス フェルスタッペン 発売中
チーム レッドブル・ホンダ 発売中
執筆者 Scott Mitchell
Be first to get
breaking news