F1 メキシコシティGP

タイヤウォーマー禁止でクラッシュ多発へ? フェルスタッペン、メキシコテストで”ドリフトショー”を予測

レッドブルのマックス・フェルスタッペンはタイヤウォーマーの使用が禁止される2024年以降にはクラッシュが多発するだろうと考えている。

Max Verstappen, Red Bull Racing RB18

 レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、アメリカGPでのタイヤテストを経て、2024年以降はクラッシュが多発するだろうという認識に至ったようだ。

 F1は18インチ化へ舵を切って以来、タイヤウォーマーの使用を禁止する考えを持っており、そのために段階的な規制が進められている。

 昨年まではタイヤウォーマーの温度が最大100度だったが、今シーズンからは70度に引き下げられた。2023年シーズンには50度にまで制限される予定だ。そして、2024年にはタイヤウォーマーを廃止するという予定が組み立てられているのだ。

 先日行なわれたF1アメリカGPのFP2では2023年シーズン向けのタイヤテストが行なわれ、そこでもウォーマーの温度が最大50度に制限されていた。フェルスタッペンからは「楽しめなかった」というコメントが漏れ出しており、さらに今後は混乱が引き起こされるだろうと語った。

「ああ、楽しめなかったね」と、フェルスタッペンはアメリカGPのタイヤテストについて語った。

「50度(までのウォーマー)でドライブしたけど、もうピットレーンからスピンしそうだった」

「たしかに僕は一番硬いコンパウンドだったけど、それ以上なところがあった。タイヤウォーマーがあるのに、なぜその力を使わないんだろうね」

「別に新しいのを買う必要はないんだ。今もウォーマーは持っているわけで、フルに使うか、ゼロにするかだ」

「クラッシュが多発することになるだろう。今の状況と比べても、それは分かっている。タフなことになるよ」

「タイヤは凄く冷えているし、デグラデーションも全く違ったものになるだろう。序盤数周は、凄く滑ってしまう」

「タイヤの圧力が一気に上がって、それでデグラデーションも激しくなっていくだろう。今のところは楽しめていないし、多くのドライバーも同じような事を言っているから、解決策を見つけないといけない」

「オースティンは高速コーナーもあって、比較的楽にタイヤのスイッチを入れられる(温度を上げられる)サーキットだ。でもモナコのようなストリートコースでは、難しいかもしれない」

「タイヤ温度が好ましいものになるまえに、レース半分はかかると思う」

Max Verstappen, Red Bull Racing, talks to the press

Max Verstappen, Red Bull Racing, talks to the press

Photo by: Mark Sutton / Motorsport Images

 なお2023年に向けたピレリのタイヤテストはメキシコGPのFP2でも予定されている。フェルスタッペンは、このセッションが”ナイスなドリフトショー”になるだろうと皮肉った。

 また、彼はウォーマーを禁止することで、GTカーレースのようにオーバーカット戦略がより効果を発揮するモノになると考えている。

「(GTカーは)もっとパワーが少ない。そしてF1マシンも同様にかなりの重さだ。実際、運転してみたけど、運転するのはほとんど不可能だよ」

「僕もプライベートでタイヤウォーマー無しのGT3マシンを走らせたりしているけど、こういったクルマは、F1マシンと比べても遥かに対処が簡単だ。でもF1マシンはパワーがあるし、ちょっとでもパワーをかけすぎると、とても大きなクラッシュに発展する可能性もある」

 
関連ニュース:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 アルピーヌの抗議が成功! アロンソへのペナルティ取り消し、アメリカGPの7位を取り戻す
次の記事 サインツJr.、PPスタートも1コーナーでレース終了のアメリカGPから1週間……「間違いなく、今季で最も厳しい瞬間だった」

Top Comments

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本