F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
51 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
65 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
79 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
93 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
100 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
114 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
128 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
135 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
149 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
156 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
170 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
184 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
212 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
219 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
233 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
240 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
254 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
268 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
275 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
289 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
303 days

初日の勢いはどこへ……ロシアGP4位のフェルスタッペン「十分な速さない」

シェア
コメント
初日の勢いはどこへ……ロシアGP4位のフェルスタッペン「十分な速さない」
執筆:
2019/10/02 23:12

マックス・フェルスタッペンは、ライバルたちより伸び代がなかったため、ロシアGP初日に見せた勢いを決勝で発揮できなかったと語った。

 先日行われたF1ロシアGPの初日、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、2番手のシャルル・ルクレール(フェラーリ)に対して0.3秒の差をつけてトップタイムを記録した。ロングランのペースでも、フェラーリやメルセデスに十分対抗できそう……そんなパフォーマンスを見せていた。

 しかし予選になると、フェルスタッペンはルクレールから0.7秒の遅れ。決勝ではパワーユニットの交換によるグリッド降格ペナルティにより9番手からスタートし、中団グループのマシンをすぐに処理したが、表彰台を獲得したドライバーたちの脅威になることはできなかった。

「かなり退屈なレースだった」

 優勝したハミルトンから14秒差の4位でフィニッシュしたフェルスタッペンは、レース後にそう語った。

「この結果は間違いなく、僕らが達成することができた最高の成績だ」

 フェルスタッペンは今のレッドブルRB15は、フェラーリやメルセデスに対峙するには「十分な速さがない」と語り、ファステストラップを狙うためにレース終盤にピットストップするのも正しいことではないと感じていたという。

 前述の通り、金曜日には戦闘力があるように見えたレッドブル。なぜ土曜日以降にそれが失われることになってしまったのか……そう尋ねられたフェルスタッペンは、次のように語った。

「彼ら(フェラーリとメルセデス)は、エンジンの出力を僕らよりも上げたんだ。そしておそらく、彼らは初日にマシンのバランスについて満足していなかったと思う。一方で僕は、自分のマシンのバランスにとても満足していたんだ」

「とにかく、このサーキットは僕らのマシンには合っていなかった。でも本当に良い金曜日だったと思う。セットアップをすぐに決めることができたからね。でも彼らがそれをまとめるのには、時間がかかったんだ」

 フェルスタッペンのチームメイトであるアレクサンダー・アルボンは、厳しい週末を過ごした。フリー走行ではペースがよく見えず、予選ではクラッシュを喫した。ただ決勝レースではピットレーンからのスタートだったにも関わらず、5位まで回復することができた。

 セーフティカー出動のタイミングにも助けられた結果だったが、アルボンは集団の中で着実にポジションを上げた。

「土曜日が明らかに厳しかったからハッピーだ。あれが、僕たちにできるベストだったと思う」とアルボンは語った。

「セーフティカーに関しては少しラッキーだったけど、でもペースは良かったんだ」

「現時点ではFP1で常に苦労しているように感じるが、週末を通じて良くなって、日曜日までにはだいたい大丈夫になっている。週末の早い段階でそのリズムとスピードに慣れる必要がある。いずれそうなるだろうけど、そのためにはもっと多くのラップを走る必要があるんだ」

「タフな週末だったけど、進歩には満足している」

Read Also:

次の記事
ノリス、寿司食わねえか……F1ロシアGP:注目のチームラジオ集

前の記事

ノリス、寿司食わねえか……F1ロシアGP:注目のチームラジオ集

次の記事

最強PUを手にしたフェラーリ。それでも「”かつてのメルセデス”ほど優位性ない」

最強PUを手にしたフェラーリ。それでも「”かつてのメルセデス”ほど優位性ない」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー マックス フェルスタッペン 発売中
チーム レッドブル・ホンダ 発売中
執筆者 Valentin Khorounzhiy